角川慶子の「シロウトで保育園作りました」第66回

自己陶酔型お受験ママ、ミネラルウォーター風呂のママ、子どもに大切なこと見失ってない?

kadokawa66.jpg
保育園の入り口に「ペーパー対策始めました」と書いたら、反響があったのでうれしいです

 春が終わったと思えば、連日夏日。子どもたちは半袖で登園し、娘の学校は夏服に替わり、プール開きがありました。

 保育園の一部の年中さんは、とうとうお受験本気モードに入りました。お受験予定なのにのんびりしたお母様には、「動くのは今ですよ」と煽っています。だって、時間が足りなくなって後悔してほしくないですからね。来年になって「去年からやっておけばよかった」と思う人が多いので、この時期から学校説明会ぐらいは何校か行ってほしいです。お受験ママの多い幼稚園に通っていると、いやでも焦るそうですが、程度の問題ですよね。

 この前まで私自身がお受験ママだったわけですが、お受験ママって苦手です……。というか、「お受験ママをやっている自分が好き」みたいな人が過半数いて、そういう人が苦手なんです。子どもが主役のはずなのに、自分に酔ってる人の多いこと多いこと(笑)。思いっきり酔ってもバンギャじゃなくてお受験なら、夫も姑も文句を言わないからなのかしら。自分に酔っているお受験ママが集まると、自慢話や他人の悪口ばかりで怖いです。霊的にも悪い!(以前このコラムに書いたプールの習い事で待つママと同じ)

 話がそれちゃったけど、お受験する子たちのために保育園でもなにかできないかと考えて、「昼休みの時間帯にペーパーテスト対策を始めよう!」と、先日からスタートさせてみました。教材は提携お受験教室「アンテナ・プレスクール」のものを使い、お教室と同様の指導をします。ただ、今年度は始めたばかりなので、試行錯誤を繰り返すことが予想されるため、料金は無料にしました(今年度のみ)。実際に教えるお受験担当スタッフはいますが、お教室で働いたことがないので、あくまでもいまはプレ期間なんです。私が親目線で見て、納得できるレベルまで到達したら対価として料金をいただくつもりです。

 つくづく娘が保育園にいる時にやればよかったと後悔してますよ……。あの時はお受験反対園長(場所柄、表立って「反対」とは言わないですが)だったので、私は社長でありながら好きにはできなかったんです。このペーパー対策講座は、現在は2名、来年度は5名受講予定なので、需要があったことがうれしいですね。

■過保護からの脱却が一番難しい?

 来年度といえば、27年度の募集を打ち切りました。ありがたいことに転園予定の子どもがいないので、幼稚園、小学校に行くために卒園する子どもの分しか空きが出なかったんです。園内のレイアウトを変えることで園児が増やせるので、多少多くは募集していました。昨年のコラムにも書きましたが、家を購入し引っ越していく方が出る場合があるので、多めに入れてもちょうどよくなるのが実態です。

 5月と6月上旬は見学ピークでした。今年度の私がやるべき大きな仕事は終了しました。毎年6月から、やっとイベントなどの行事を考えたり、お受験指導したり、会社を切り盛りする社長業に集中できます。あとは入園直前に面談をして、無事入園させて、そこからは保育士が頑張るところです。見ていると、育てあがった保育士は育ちざかりの保育士を育てていっているので、横から口を出すより、あえて現場に丸投げした方がいいようです。

お受験も自分に酔ってないと乗り切れないのかな?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク