6年ぶり3度め!

hitomi、3度めの結婚に非難殺到! 過去に番組で押された「一生幸せになれない女」の烙印

20140604hitomi.jpg
hitomiオフィシャルブログより

 hitomiが、5月に一般男性と再婚していたこと、また現在妊娠5カ月であることを6月4日付のブログで発表した。気になるお相手については、「人柄的にはとても優しくて頼りになる…」「私の事、娘に対してもしっかり向き合ってくれて一緒にいるととにかく楽しい そんな方です」などと告白。幸せぶりが伝わる内容だが、hitomiは今回で3度目の結婚だけに、ネット上では「また別れそう」「懲りない女」と、批判的な声が上がっている。

 現在、一児の母であるhitomi。2002年に元GASBOYSのメンバーでデザイン会社勤務の年上男性と結婚するも、07年秋に離婚。翌年の6月には俳優の羽田昌義とできちゃった再婚したが、11年12月に2度目の離婚が成立している。

「一部報道によると、今回の夫は37歳の会社経営者で、昨年9月に知人の紹介で知り合い、交際8カ月でゴールインしたそうです。しかし、スピード再婚や2度目のできちゃった婚であることに対し、ネット上では『またでき婚か』『3度目も離婚だろう』と、呆れ気味の反応が多い。hitomiは02年、08年に今回と、ちょうど6年ごとに結婚を繰り返しており、『結婚生活に向いていないのではないか』との厳しい指摘も。結婚自体はもちろんおめでたいことですが、『どこまで記録を伸ばせるか』などと、顰蹙を買ってしまっています」(芸能ライター)

 歌手としては近年、00年発売のシングル「LOVE 2000」のようなヒット作に恵まれず、すっかり“ぶっちゃけキャラ”としてバラエティ番組の常連になっている。昨年2月放送の『ストライクTV』(テレビ朝日系)では、過去の不倫経験を暴露したことも話題となった。

「専門家が、ゲストトークをヒントに心理分析するSMAP・中居正広が司会の『ナカイ窓』(日本テレビ系、3月12日放送)では、奇しくもhitomiが島崎和歌子やたんぽぽ・川村エミコらといった“モテないキャラ”の女性タレントを押さえて、『一生幸せになれない女』と診断されていました。hitomiは理想が高すぎるために、『男性が一緒にいて疲れてしまう』『(相手が)いなくなってしまうという意味で幸せになれない』と分析されたんです。専門家のこの言葉をhitomiはどんな気持ちで聞いていたのか…」(同)

 ネット上でも離婚を予想する声が噴出しているhitomiだが、果たして3度目の離婚はあり得るのだろうか? 今度こそ結婚生活が長続きするよう、温かく見守りたいものだ。

和歌ねえの「おひとりさまネタ」を横取りとか何様?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー