[スター☆マル秘報告書]

「ハリウッドの狂犬」ことラッセル・クロウ、来日中は日本酒に骨抜きに!

――海外セレブの来日プロモーション。本国ではパパラッチに追われる彼らも、日本では束の間の自由を謳歌! しかしそれゆえ、日本滞在をお世話するスタッフたちの苦労は多いんだとか。セレブの素の姿を知る関係者から話を聞き出し、コッソリお伝えする「スター☆マル秘報告書」!

RussellCrowe.jpg
ゴミを拾っただけで「あら意外といい子ね」といわれるヤンキーと同じくくり!

 ラッセル・クロウが『ノア 約束の舟』(6月13日公開)のワールドプロモーションで来日しました。マスコミ各社に「ラッセル緊急来日!」というリリースが送られたのが5月15日、来日決定も同日で、本当に緊急来日だったのです。ラッセル側はいきなり「日本に行くよ」と連絡してきたそうです。もちろん、配給会社はずっと「来日してほしい」とオファーしてきたので、それなりの準備はしていたでしょうが、それにしても本当に急です。ラッセルは昨年『マン・オブ・スティール』のプロモーションで主役のヘンリー・カヴィルと一緒に来日するはずでした。サイゾーウーマンもラッセル狙いで記者会見に行ったものの、ドタキャン! そんなことがあったので、今回も若干不安でありました。それも、朝来て夜帰るという“無泊”の来日という前代未聞のスケジュールのため、「やっぱりしんどい」と来ない可能性だってあるのです。

 しかし、ラッセルは5月19日、プライベートジェットで無事に成田空港に到着。来日の時間などは公表していなかったので、ファンが成田に殺到ということもなく、そのままリッツ・カールトン東京へ直行。ラッセルは日本に到着してすぐに、「Hello Tokyo !! 」と写真付でツイートしていますが、写真が高層からの眺めなので、おそらくリッツ・カールトンから撮影したのでしょう。

tokyo-01.jpg
Twitterより

 到着した後は、次々と取材をこなしていたそうで、疲れも見せずに終始にこやか。スタッフからも「正直、いい人でビックリしました。インタビューもやる気満々でよくしゃべってくれて」と喜びの声が。何しろラッセルは短気で喧嘩っ早いことで有名で、そのケンカ上等ぶりがアニメ『サウスパーク』でネタにされたほどのため、スタッフの間に緊張が走るのも無理はありません。でも、ふたを開けたら拍子抜けするほど穏やかな紳士だったのです。

 そして、六本木ヒルズのTOHOシネマズで行われたプレミア試写会もやる気満々で、「Hoping #Noah makes a splash here in Japan. Hosting a fan and press screening in Roppongi tonight, Q and A before the movie. See you there.(日本のファンと記者たちに向けて『ノア 約束の舟』のプレミアがある。みんなをアッと言わせたい。映画の前にはQ&Aコーナーもあるよ。では、あとで会いましょう)」とツイートしています。そして、満員の会場に現れたラッセルは、会見の終盤、自身がオーナーを務めるラグビーチーム「サウス・シドニー・ラビッツ」のキャップをかぶったファンに気づくと大喜び! 

アンタとはいい酒飲めそうだわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク