女とムダ毛問題に救世主!? 脱毛サロンを凌駕しだした「除毛アイテム」の今

jyomoo.jpg

 すっかり半袖の季節になった今日この頃。頼んでもいないのに、日々すくすくと成長するムダ毛に、「めんどくせ~!」とストレスを感じていませんか? 「夜風呂場でささっとカミソリで剃り、次の日の朝ノースリーブで出かけたら、すでにワキには黒いポツポツが顔を出していた」「脚の毛がボーボーで、気になる男性とのお泊まりを中止」「背中の大きく開いた服を着ていたら、『セクシー』ではなく『毛深いね』と言われた」など、ムダ毛失敗あるあるは尽きませんよね。

 毎年夏前になると、脱毛サロンのサイトをチェックするものの、数十万円かかる料金プランに心が折れてしまうことがしばしば。しかも、何度もサロンに通わなければいけないとなると、数々の失敗にふたをして、「まぁ、毎日剃ればいいだけだし!」と思ってしまいます。

simabukuro_jyomou.jpg

 「ムダ毛レスな美肌がほしい」でも「サロンに通うのはちょっと」という欲張りかつめんどくさがりな人にもピッタリな除毛方法はあるのか? そんな好奇心からさまざまな除毛アイテムを調べていると、『テラスハウス』(フジテレビ系)の島袋聖南も愛用しているという「セシルマイア」という除毛アイテムを発見しました!

 「たった60秒! ソッコームダ毛ゼロ」というキャッチコピーのこのアイテムは、バスタイム専用の除毛クリームなんだとか。業界初の特殊ウォータープルーフ仕様で、お風呂場で濡れたままでも使用可能。スポンジタイプの接着面を肌に当てて塗りこみ、1~3分置いてさっと洗い流すだけで、除毛できてしまうというアイテムなのです。

 にわかには信じがたい話ですが、超微粒子化した薬用の成分が毛穴の奥深くまで浸透し、強力に“毛根”から作用するため、サロンで処置しても必ず生えてくる00.1mm程の細かなムダ毛も徹底除毛してくれるそう。しかも、毛が生える原因の毛乳頭を弱らせて破壊させるので、1カ月たっても毛が生えてこないという優れものなんだとか。愛用者の中には「3カ月生えてこない」なんて人や、逆に「ムダ毛が生えてこなくて心配」なんて人も。

jyomoo01.jpg

 強力な除毛効果が期待できるため、肌も荒れそう……と不安も募りますが、美容成分も多量に配合されているため、肌への負担はほとんどないのもうれしいですよね。また、意外にも愛用者には「除毛剤特有の薬品臭がなかった」ことが喜ばれているそうです。

 脱毛サロンに通うよりも、圧倒的にお財布に優しい値段の「セシルマイア」。これから夏に向けてイベントがたくさんあり、ムダ毛対策にそこまで金をかけていられない! という人にはピッタリかも。あらたなムダ毛失敗談を作らないためにも、一度試してみるのもいいかもしれません。

セシルマイア

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!