ネットで話題騒然!

明治大学の“嵐の授業”に潜入レポート! 気になる授業内容と上映PV、講師の実態に迫る!

arasimeiji001.jpg
スクリーンに流れるのは、嵐のPV集『5×10 All the BEST! CLIPS 1999‐2009』

「嵐のことを学ぶ授業が存在するらしい」
「授業中に嵐のPVを見るらしい」

 そんなウワサがネット上を駆け巡ったのは、4月のこと。実際に受講している学生のツイートを発端に、その講義が明治大学・和泉キャンパスで行われている、関修先生が担当する「自由講座」ということが判明した。毎回講義後には、学生から断片的な講義内容の情報がネット上に拡散され、嵐ファンからは「嵐の授業、受けてみたい!」という声が多数上がっていた。そこでサイゾーウーマンは、ウワサの“嵐の授業”に潜入。今、注目を集める、その授業の内容とは?

 「自由講座」が行われる教室は、優に300人は入るであろう大教室。“嵐の授業”だけに、圧倒的に女性が多いかと思いきや、男女比は半々ほど。授業のシラバスには「嵐ブレークの理由などを探る」とあるが、この回では、嵐のアイドルとしての“ターニングポイント”について考察が行われた。

「このPVは、現在の嵐を表している重要なPVで、授業でも今後何度も見ることになります」。関先生の一声と共に、教室の前面中央に設置された巨大スクリーンに映し出されたのは、2008年「truth」のPV。「嵐は、この年に初のゴールデンの冠番組『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系)をスタートさせ、初の国立競技場公演を果たし、二度目のアジアツアーも成功させた。嵐が一般に広く認知されるようになった年なんです。それが、PVの作りにも表れています。嵐はこの『truth』以前/以降で分けることができると言えるでしょう」と解説が入る。

 関先生は、ジャニーズ事務所所属グループの中でも遅咲きだった嵐が、「truth」で国民的アイドルの地位を固めたということを繰り返し指摘。また、「truth」以前の「Happiness」(07年)のPVは、まるで少年たちが夏休みを楽しんでいるかのような、いわゆる“ジャニーズっぽい”内容だが、「truth」以降の「Believe」(09年)のPVは、ダンスシーンが中心のスタイリッシュな仕上がりになっていると、解説を加えていく。学生は、このようにPVを見比べながら、嵐というアイドルがいかにブレークしていったのかの変遷をたどっていくのだ。

 さらに授業では、関先生が「私物です!」というVHS録画のドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系、07年)も流れ、最後は「大野(智)くんは、ほかのジャニーズにはない独特なリーダーの在り方なんです。それは、次回説明していきます」と、授業を締めくくった。

 終了後に受講生に講義の感想を聞いてみたところ、「この講義があることは、大学に入ってから知りました。ニノファンです(笑)。授業でPVを見られることはもちろんテンションが上がりますが、ニノの演技についての考察は聞いていて楽しいし、発見も多いです」「私はHey!Say!JUMPファンです。ジャニーズと文化を絡めた講義が聞けるのは楽しいです。次世代のアイドルはどういうスタイルがくるのかも聞いてみたいです!」と満足度の高い意見が返ってきた。

関先生、TOKIOでは誰担だったのかしら~?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

オンナの[裏]掲示板人気トピック