[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

おてんばなのに、照れ屋で自意識過剰! 4歳の娘にみる人格形成の過程

kosodateiilust167.jpg
(C)倉田真由美

今年のGWは沖縄・石垣島に行ってきました。水着とシュノーケル一式を持っていったんですが、まだ海が冷たくて泳げませんでした。それでも連日海に行き、ココはカニやら貝やらを取って、楽しそうに遊んでいましたよ。それにしてもココの日常の暴れっぷりはハンパない! 一緒に歩いていても突然走り出すし、信号待ちの時も踊ってるし、外出時は常に手を握ってないと、なにをするかわからんのでマジで危ないんですわ……。旅先でココのテンションが高くなっているということもあり、暴れ方も東京にいる時よりもすごかったんです。

 普段、東京にいる時ですら、電車待ちの駅のホームは危ない。ちょっと目を離すとホームを走ろうとするし、「ココ! 勝手に行くな!」と怒鳴っても無視してるか笑っている……。呼んでも戻ってこないので、ココを捕まえに行くと、ココは面白がって余計にダッシュで逃げるんですよ! とんでもないおてんば娘。元気で、どこへ連れてっても喜ぶし、めちゃめちゃ楽しそうにしてるんで、余計にいろんなところへ連れていきたくなるんですけどね……。普段ですらそんな感じなので、オレも妻くらたまも石垣島だからとのんびりするヒマもナシ。

 石垣島でのある日の夜、夕飯を食べようと店に入りました。通されたのは座敷で、ココは靴を脱いだ瞬間から、席にもつかずにバタバタと走り回る! 「ちょっと! ココ! こっちに来なさい!」と呼んでも来ないので、無理矢理抱っこして席まで連れてきました。注文する時は一瞬だけ座っていましたが、またどこかに行こうとする。完全にほかのお客さんの迷惑です! こういう場合、オレはココを連れて店の外に出ることにしてるんです。5~10分ほど外に出ていれば料理が出てくるし、そうするとココも座って食べますから。

 いつものごとく、ココは自分が食べ終わると「ごちそーさまでした!」と言って、またどこかに行こうとしたんです。その時、オレの目線の右斜めに座っていた子どもが目に入った! その女の子は多分ココと同じくらい。大人しくごはんを食べて、食べ終わっても大人しく座ってるじゃないか! ココに「あの子を見てみ。ココと同じくらいだけど、食べ終わっても大人しく座っていて偉くない?」と聞くと、ココはその子のそばまで行ってモジモジしてます。多分話しかけたいけど、できなくて恥ずかしいんだろう。暴れん坊のくせにこういうよくわからん照れがあるんです。ココの存在に気付いた女の子は、チラっとココを見ただけで、相変わらず大人しく座ってるじゃないですか! うーん、マジで偉いわ。全然走り回らない! 妻と「あの子は偉いよ! ぜんぜん動き回らない! こういう子もいるんだね!」と感心してしまいまいた。というか、この子が普通なんだろうな。日々暴れるココしか見ていないので、逆に新鮮でした。

 帰り際、妻がその女の子のママさんに「お騒がせしてすみません! おいくつですか?」と聞くと、「4歳です」というじゃないですか! やっぱりココと同じ歳だったのか……。ココに「人前では大人しくしろ!」と躾けなきゃと思いつつ、隣でディズニー映画『アナと雪の女王』の歌を踊りながら熱唱してるココを見ると、「ココはこれでいっか……」と思ってしまうんです。妻と話をして、本格的に叱るのは物心ついてからにして、しばらくは暴れるココをその都度注意していくという方針にしました。

 先ほど触れましたが、ココは暴れるくせに照れ屋という性格みたい。先日、サンリオピューロランドで子どもたち参加型のイベントがあり、ココも魔法使いの衣装を着て参加したのですが、子どもたちの輪に入った瞬間から不機嫌な顔つきになって、ダンスの時は踊らずにただ仁王立ちしてるだけ……しかも怒った顔で! その後、子どもたちだけで練り歩く時も、ココは不貞腐れて、最後尾でイヤイヤ歩いていました。なんなんだ? 

 イベントが終わって本人に聞いてみると、「だって恥ずかしいんだもん! もう出たくない!」というじゃないですか。その話を妻にすると、「自意識過剰だね」と一言。あー、なるほどなあ。確かに、ココは自意識過剰なところがあります。ココが家のテレビの前で踊ってる姿を見ていると、たまに「見ないで!」と言われますからね。人が見てると思うと、照れるんだろうなぁ。子どもなんだから気にしなければいいのに! ま、これはもともとの性格だから直しようがないと思いますが、ココの人格もだいぶできあがってきましたね。

4歳にして自意識……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク