大久保ニューの【美のぬか床】 第13回

「まるで結婚用の男」手ぬぐい洗顔の安定感と地味さに感じた、女たちの葛藤

美しくなりたい――世の女たちの狂おしい思いを、「43歳、ゲイ、汚部屋に一人暮らし」の漫画家・大久保ニューが担ぎ込む! 古今東西あらゆる美容法に食らいつき、美を追い求める女の情念まで引きずり出す――

tenugui.jpg
(C)大久保ニュー

 初めて「手ぬぐいで顔を洗うと、肌がツルツルになる」というウワサを聞いたのは、去年のことだった。『美肌の習慣 手ぬぐい洗顔』(日本文芸社)という本を読んだ友人が実践してみたところ、とても良かったらしく、昂奮気味に私に勧めてきた。「本当にツルッツルになるんだよ☆」と言われて、試さない手はない。友人いわく「オーガニックコットンのサラシを使うのが一番いいよ☆」というが、結構お高い(8mで4,000円くらい)。友人から1mほど分けてもらい、本も読まずに実践してみることにした。

 しかし、だ。いざ顔を洗おうとしてみると、すごく怖い。サラシって、わりとゴワゴワなのだ。これで顔を洗うのかと思うと、アトピー持ちの私にとっては、かなり勇気がいる。「オーガニックコットン」という“天然女”心をくすぐりまくるアイテムだというのに、手が震えてしまう。結局、洗顔はパスして、普通に体を洗うタオルとして使った。しばらく使っていたけれど、特に効果を感じることもなく季節は流れ、今年の春。担当編集のJ子より「手ぬぐい洗顔を体験してみませんか?」との提案が来た。「私と手ぬぐいには、何か特別な縁があるのかもしれない……」強引にスピ女心を盛り上げて、トライしてみたよ!

 後日、J子から『「キレイ」が変わる 美肌手ぬぐい』(竹書房)という本が送られてきた。前述の『手ぬぐい洗顔』の著者・高邊しおりさんの新刊である。高邊さんは「手ぬぐい美容家」という肩書らしい。4月には高邊さん監修の石けんも発売になったようだ。かなりグイグイと迫ってくる野心を感じる。やはり天然生活系のシンプル女子なのかと思いきや、著者近影のお写真は、意外にもセレブ系だった。「美容界の坂本冬美」と言いたくなるような、マイクを持ったら『紅白』のステージに上がれそうな盛りっぷり。グイグイ! この上り調子感には素直にあやかりたくなるね☆

 しかししかし、付録に付いている手ぬぐいを手にすると、またも気持ちが挫けてしまう。目の細かい上質な手ぬぐいらしいが、やはり顔を洗うには硬すぎない? 思わず躊躇してしまったが、本を詳しく読んでみると「使用する前に『水洗い』→『乾かす』を2回ほど繰り返す」とある。そして柔らかくなった手ぬぐいでクリーミーな泡を作り「泡を滑らせるように優しく洗顔」するらしい。なるほど、これを知らなかったから怖かったんだ。「ローションなしのア●ルセックス」みたいなことをしようとしていた自分を恥じ、本の通りに準備をしてみた。3回「水洗い」→「乾かす」を繰り返した手ぬぐいは、だいぶ柔らかな触り心地になった。さあ、喪失する準備はできたよ☆

スキンケアジプシーがたどり着く終着駅?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決