松ちゃん番組も大失敗☆

フジテレビ「日曜ゴールデンで3.3%」! 壊滅的視聴率に「新番組も衰亡の一途」

20140523waido.jpg
『ワイドナショー』公式サイトより

 先日明らかになった2014年3月期決算で、在京民放キー局5社の中で1社だけ大幅に減益してしまったフジテレビ。お昼のご長寿番組『笑っていいとも!』を終了させるなど視聴率回復に向けた改革が進められているが、4月からゴールデンタイム(午後7時~10時)で放送されている新番組勢が軒並み低視聴率を連発してしまっている。

 一週間の中で最もゴールデン枠の視聴率が壊滅的なのは、ズバリ日曜日。4月から、午後8時台はロンドンブーツ1号2号・田村淳とローラがMCを務める『クイズ30~団結せよ!~』が、9時台はリリー・フランキーと山岸舞彩がMCの『ワンダフルライフ』がスタートしたが、そろって大コケ。『クイズ30』は4月27日の初回2時間SPから8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と出足が悪く、翌週には5.8%に急落。18日は6.3%になり、民放最下位だった。

 9時台の『ワンダフルライフ』は、4月20日の初回はフュギュアスケート・浅田真央のコーチである佐藤信夫氏の特集で10.5%と好スタートを切るも、翌週はなんと3.3%に転落。深夜番組並みの視聴率のためもちろん民放最下位で、以後も5.5%、7.0%、3.4%と、二桁には届いていない状況だ。

「また、月曜日はフットボールアワー・後藤輝基が司会の『ジャネーノ!?』も、5月12日の2時間SPが5.9%と惨敗。19日の通常放送でも6.5%で、打ち切りになった山下智久司会の前枠『ジェネレーション天国』よりも危険な状態なので、このまま衰退していくのでは。一方で、日曜から金曜午後8時台に移動したダウンタウンがMCの『してみるテレビ 教訓のススメ』は健闘。『ぴったんこカンカン』(TBS系)、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)など激戦区の中にしては、通常放送で6.4~7.2%と、持ちこたえています」(芸能ライター)

 一方、フジはゴールデン以外の番組も懸念材料は多い。『いいとも!』後番組の『バイキング』が2~3%台と低迷を続けていることをはじめ、深夜から日曜の朝に昇格した、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』も不調だ。

「爆笑問題がMCの『サンデー・ジャポン』(TBS系)との視聴率対決に注目が集まっていたものの、5月中旬までに『ワイドナショー』は一度も『サンジャポ』に勝てていません。深夜時代に比べれば倍近い視聴率にはなっていますが、初回に第1部(10時~10時55分)が7.2%を獲って以降、4~6%と低調気味です。どちらもニュースを扱う番組ですが、『サンジャポ』は直近で7~11%を記録しており『ワイドナショー』が大敗しています」(同)

 このようにフジの改編は今のところ不成功といえるが、7月から始まるSMAP・木村拓哉主演ドラマ『HERO』が起爆剤となってフジが活気を取り戻せるのか? 残る半年の巻き返しに期待したい。

没落するまであとちょっと?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク