嫉妬、自信のなさ、自己卑下……恋愛にまつわる面倒くさい「感情」と向き合うには?

siero20140522.jpg

 「恋愛はしばらくいいや」「彼氏できてもめんどうくさいし」と思っている女性は多いですよね。仕事や趣味や家族のことに真面目に向き合うほど、恋愛に割く時間がムダに思えてきてしまう気持ちもわかります。しかし、恋愛においてなにが一番めんどうでムダかというと、自分の中に芽生える「感情」だったりしませんか? 好きだけど、私なんて……と自分を卑下する感情や、彼に嫌われたらどうしよう? と考えすぎて固まってしまう感情などなど。今回は、そんな恋愛にまつわる「気持ち」の整理の仕方について、2人の女性に話を聞いてきました。1人は片思い、もう1人は元彼への思いを抱えていた女性です。

「私は昔から内気で自分に自信が持てず、いつも後ろ向きな性格でした。彼氏だって何年もいないような私ですが、入社当時から一緒に働いてきた男性にずっと思いを寄せていました。その人は皆から好かれていて、仕事面でもしっかり結果を残すようなまさに完璧な男性。優しく包容力のある彼は、もちろん会社の女の子からも大人気。そんな彼と私なんかがまさか結ばれるわけはない……と、最初からあきらめていました。

 でも、ある日友人から『1人で考えこまないで、相談相手を見つければ?』と『シエロ』を教えられました。そこから、少しずつですが自分の事が好きになっていきまいた。友人からも最近表情が明るくなったと言われ、自信が持てるようになり、もしかしたら今なら彼に想いを伝えられるかも……と告白の決意をしたんです。勇気を出してデートに誘い、自分の長年の気持ちをありのまま話したところなんと『俺も好きだった』と言ってくれたんです!! 私は今までずっと、自信のなさゆえに彼を避けるような態度をとっていたのですが、それで彼は私に嫌われていると思っていたそうです。私たちはそれから交際をスタートさせ、今は毎日とても幸せです!」(26歳/東京都)

 また、元彼を忘れられなかったという女性にも話を聞きました。

「私にはずっと忘れられない人がいました。それは2年前に別れた元彼で、別れた原因はささいなケンカ。軽はずみに『別れる』と私から言ってしまったんです。それから長い後悔の日々が続きました。私は頑固な性格で、自分から別れを切り出した手前、連絡もしない! と決めていたんです。そんな時にネットで偶然見つけたのが『シエロ』でした。先生のアドバイスを聞いて、思い切って実践してみたら、驚くことに元彼から電話がかかってきたんです。

 久しぶりに会う彼との時間はとても楽しくて、まるで昔に戻ったかのようでした。思いはさらに募り、私はたまらず『あの時からずっと後悔している、もう一回やり直してほしい』と素直に伝えていました。すると彼は一気に笑顔になり『俺も同じことを今日言おうと思ってたんだよ』と言ってくれたんです! 思いもしなかった展開に驚きましたが、あの2年間の寂しい日々が嘘のように、今とても幸せです!」

 1人でジッとしていても、その感情は消えることはありません。人に相談していくことで、自分の本心ややるべきことが見えてくることもありますよね。恋愛の悩みは『シエロ』に頼ってみるといいかもしれませんよ。

恋愛を成就させる「シエロ」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!