[女性誌速攻レビュー]「VERY」6月号

「普通のアイテムを普通に着る」がブーム! 「VERY」の複雑すぎる “普通”とは?

very201406.jpg
「VERY」2014年6月号(光文社)

 最近、アメリカでは「ノームコア」というファッションがはやっているそうです。直訳すると「過激なほど普通」、どんどん先鋭的になっていたファッショニスタたちが、一周して普通に戻ってしまったということを指すそうです。その影響か、日本のファッション誌でも、「普通のアイテムを普通に合わせて、いかにおしゃれに見せるか」を取り上げることが増えています。

 しかし、普通こそが意外と難しい。そんな中「VERY」(光文社)は、「ノームコア」という流行にちゃんと向き合ってる気がします。最近「VERY」が力を入れているのが、靴下です。普通の着こなしをオシャレにするために欠かせないアイテムが、靴下というわけです。今月号でも、「コンサバさんのための靴下デビュー講座」という企画がありました。スカート、パンツ、スニーカー、パンプス……どのボトムスとどのシューズの間に、どんな靴下を合わせるのが正解かを教えてくれます。

 靴下だけでなく、何を着るにも目に見えにくい細かなルールがある今のファッション。そして、そのルールを制するものがファッションを制するという風潮を感じます。靴下くらいちゃんと履きこなせるくらいの勘の良さがなければ、今の世の中は渡っていけないという空気すら感じ取っています。同じように、「VERY」読者の間にも、「母として妻として女としてどうあるべきか」の目に見えにくいルールがたくさんあり、そのルールを制したものが、女性のカーストを制するという価値観が根付きだしているのかもしれません。

<トピック>
◎コンサバさんのための靴下デビュー講座
◎そろそろ更新!“いいお母さん風”ベーシック
◎村尾信尚さんにSOS「主婦の新聞離れが止まらない!」

■取り憑かれるとヤバそうな「普通」

「普通の服をどうかっこよく、普通に着るか」という問題は、最近の「VERY」のファッションページを一貫する大テーマとなっています。「そろそろ更新!“いいお母さん風”ベーシック」というページも、そのテーマに沿っています。

 このページは、少しずつ変わっていく「ベーシック」の流儀を、細かく教えてくれるという内容。例えば、「膝丈スカートをちょい長めに更新」「バレエシューズをポインテッドに更新」「定番ボーダーを縦ラインに更新」「白ブラウスをギンガムチェックシャツに更新」などなど。そうすれば、今っぽく、しかもマンネリからも脱することができるそうです。

 しかし、それだけで終わらないのが「VERY」。要所要所で「お母さん」というアイデンティティを匂わせてきます。例えば、「スカート丈を更新」というセオリーにのっとった着こなしのコピーに「『一歩間違うとOL風』スタイルも知的に女らしく変身」というものが。この一文に、「いいお母さん」の方が「OL」よりも上ですよ……という目線が感じ取れます。

VERY内閣がそろそろできるかな~?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー