Sexy Zone・マリウス葉がパフォーマーとして急成長 伸び盛り14歳の魅力に迫る

20140101-sexyzone-01.jpg
派生ユニットの結成も発表され、注目を集めているSexy Zone。

【リアルサウンドより】

 今月5日に発表されたSexy Zoneの派生ユニット“Sexy Boyz”のセンターとして活躍することになったマリウス葉。ドイツ人とのハーフということもあり、注目を集めた。ジャニーズに入所したばかりのころは、父親の祖国であるドイツから通っていたというだけあり、日本語がおぼつかない場面も多々あり、謎の美少年という印象が強かった。だが、Sexy Zoneとしてデビューして2年半。マリウスはメンバーの中でもいちばん身も心も大きく成長した。

 身長はおよそ20㎝伸び、最年長の中島健人に迫る勢い。長い手足がダイナミックなダンスにつながり、デビュー当時とは比べ物にならないくらいスキルアップしている。いつの間にか、かわいいだけではなく、クールな衣装も着こなせる背丈に。さらに、もともと表情が豊かなタイプだったが、最近では大人っぽい仕草や視線も習得している。まだ14歳という年齢が信じられないほど、セクシーさを増しているのだ。

 もちろん、日本語も上達していることから、MCでも大活躍。天然な部分も多く持っているが、都合が悪くなると「ドイツ生まれだから」と逃れるトークテクも身につけ、コンサート会場の笑いを取っている。また、ラジオや会見でもマリウスという名前を自らイジり、悪いマリウス=“ワリウス”、困っているマリウス=“コマリウス”と、展開させる玄人芸も披露し始めた。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー