サイゾーウーマン勝手に調査団

バラエティ関係者が激白! 評判最悪な「調子乗りすぎのお笑い芸人」

zyaruzyaru.jpg
ジャルジャル公式プロフィールより

 毎年、多数の芸人がブレイクし、消えていく厳しい芸能界。そんな中、ちょっとメディアで騒がれただけで、すぐに調子に乗る芸人もチラホラ見受けられるという。そこで今回、バラエティ関係者に「そんなに威張り散らすほど、売れてないだろ!」とブーイングの嵐を巻き起こしている芸人を調査した。

まず、名前が挙がった人物は、ウーマンラッシュアワーの中川パラダイス。現在、相方・村本大輔は“ゲスキャラ”としてプチブレイク中で、「○○のファンを食ってやりましたよ!」というネタでバラエティ番組に引っ張りだこだが……

「中川は、村本のおかげでコンビの知名度が上がっているのに、『俺がいなかったら、村本は今ごろ引退や』『芸人としては、俺の方がオイシイんや!』などと、水商売関係の女性に自慢げに話しているそうです。回りまわって、その傲慢な振る舞いが、芸人やテレビ局関係者の耳にも入ったようで、ある関係者が中川を問い詰めたところ、同じことを言いだしたとか。結果業界内で、『ウーマンは使いにくい』と言われ始めているようです。村本の方は、裏では『気の優しい兄ちゃん』という感じなんですけどね……」(バラエティ関係者)

 次に、名前が挙がったのは、2010年『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)に、「ゴリ押し枠で入った」と、もっぱらうわさされたジャルジャルの福徳秀介だ。

「ジャルジャルはもともと、関西で女性ファンが数多くついていた。シュールなコントや漫才も、そこそこウケはよかったんですが、吉本興業上層部の“ゴリ押し”で東京進出したといわれるのが否めないほど、在京キー局の番組がポンポン決まった。そんなこともあってか、調子に乗りやすいタイプの福徳が天狗状態になってしまったんです。特に裏方スタッフからの評判が悪く、かなり横柄な態度を取っているそう。一度、『めちゃイケ』共演者の加藤浩次にこっぴどく叱られたこともあるそうですが、あまり態度は直っておらず、加藤もお手上げだそうです」(中堅放送作家)

 最後は、かねてから業界内でも悪評が高いというキングコング・梶原雄太だ。

「梶原は、相方の西野亮廣と共に、かなりの変わり者として業界では有名です。最近ではウーマンラッシュアワーの村本が、梶原の偉そうな態度が嫌いと発言して話題になりました。まぁキンコンの場合は、デビューしてすぐにブレイクしたこともあって、ほとんど苦労していないんです。同じような道を歩んだナインティナインは、性格的におとなしいタイプだったんで、それほど問題にもならなかったんですが。現状、レギュラー番組がほとんどないキンコンですが、いまだに勘違いをしているようですね」(同)

 どの世界でも、一緒に仕事をする人間に嫌われたら最後。不動の人気を獲得するためには、自身の態度を見直した方がいいのかも?

ゴリ押しってタレントにとってはシャブみたいなもんね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  16. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー