サイゾーウーマン勝手に調査団

バラエティ関係者が激白! 評判最悪な「調子乗りすぎのお笑い芸人」

zyaruzyaru.jpg
ジャルジャル公式プロフィールより

 毎年、多数の芸人がブレイクし、消えていく厳しい芸能界。そんな中、ちょっとメディアで騒がれただけで、すぐに調子に乗る芸人もチラホラ見受けられるという。そこで今回、バラエティ関係者に「そんなに威張り散らすほど、売れてないだろ!」とブーイングの嵐を巻き起こしている芸人を調査した。

まず、名前が挙がった人物は、ウーマンラッシュアワーの中川パラダイス。現在、相方・村本大輔は“ゲスキャラ”としてプチブレイク中で、「○○のファンを食ってやりましたよ!」というネタでバラエティ番組に引っ張りだこだが……

「中川は、村本のおかげでコンビの知名度が上がっているのに、『俺がいなかったら、村本は今ごろ引退や』『芸人としては、俺の方がオイシイんや!』などと、水商売関係の女性に自慢げに話しているそうです。回りまわって、その傲慢な振る舞いが、芸人やテレビ局関係者の耳にも入ったようで、ある関係者が中川を問い詰めたところ、同じことを言いだしたとか。結果業界内で、『ウーマンは使いにくい』と言われ始めているようです。村本の方は、裏では『気の優しい兄ちゃん』という感じなんですけどね……」(バラエティ関係者)

 次に、名前が挙がったのは、2010年『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)に、「ゴリ押し枠で入った」と、もっぱらうわさされたジャルジャルの福徳秀介だ。

「ジャルジャルはもともと、関西で女性ファンが数多くついていた。シュールなコントや漫才も、そこそこウケはよかったんですが、吉本興業上層部の“ゴリ押し”で東京進出したといわれるのが否めないほど、在京キー局の番組がポンポン決まった。そんなこともあってか、調子に乗りやすいタイプの福徳が天狗状態になってしまったんです。特に裏方スタッフからの評判が悪く、かなり横柄な態度を取っているそう。一度、『めちゃイケ』共演者の加藤浩次にこっぴどく叱られたこともあるそうですが、あまり態度は直っておらず、加藤もお手上げだそうです」(中堅放送作家)

 最後は、かねてから業界内でも悪評が高いというキングコング・梶原雄太だ。

「梶原は、相方の西野亮廣と共に、かなりの変わり者として業界では有名です。最近ではウーマンラッシュアワーの村本が、梶原の偉そうな態度が嫌いと発言して話題になりました。まぁキンコンの場合は、デビューしてすぐにブレイクしたこともあって、ほとんど苦労していないんです。同じような道を歩んだナインティナインは、性格的におとなしいタイプだったんで、それほど問題にもならなかったんですが。現状、レギュラー番組がほとんどないキンコンですが、いまだに勘違いをしているようですね」(同)

 どの世界でも、一緒に仕事をする人間に嫌われたら最後。不動の人気を獲得するためには、自身の態度を見直した方がいいのかも?

ゴリ押しってタレントにとってはシャブみたいなもんね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク