その他
【ジャニーズ研究会レポート】

ジャニーズなのに「シモの宮田」……Kis-My-Ft2宮田俊哉のブサイク伝説

jmiyata10.jpg
「ブサイクドラキュラって呼ばないで~」

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 8月の創刊35周年に向けてさまざまな企画を展開している「オリスタ」(オリコン・エンタテインメント)。5月26日号の連載ページ「メモリアル・ランキング」では、2006年5月に発売したシングル「きっと大丈夫」についてインタビューを受けた嵐をプレイバック!

 “ラキラキベイブ”“シャカシャカベイブ”など、テンションの高いとりとめのない歌詞が続くこの曲、ミュージックビデオ(以下、MV)撮影も自由な雰囲気の中で行われたそう。松本潤は「結構リーダー(大野智)はMVの撮影でヘンな顔とかするんだけど、基本的にいつもそういうとこは使われないんですよ。それが、今回は使われてたのが嬉しかった!」と、ちょっと珍しいパターンだったことを告白。二宮和也と大野が帽子を投げ合って頭でキャッチするシーンがあるのですが、これはもともとアドリブでやっていたものが使われたそう。なかなか成功しないのでスタッフからNGが出ていたにもかかわらず、大野らが続けて、成功したものが使われたそうで、櫻井翔も「ここで言いたいのは、『やめて』って言われてもやめないってところですね(笑)」とニヤリ。最後に“曲やMVを通して伝えたかったことは?”とたずねられた大野が、「いや~もう、そんな伝わるもクソもないでしょ」と身も蓋もないコメントで締めているのですが、8年も前となるとノリが若い!

 今号で表紙を飾っているのは、6thシングル「King&Queen&Joker」をリリースしたばかり……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー