その他
【ジャニーズ研究会レポート】

ジャニーズなのに「シモの宮田」……Kis-My-Ft2宮田俊哉のブサイク伝説

jmiyata10.jpg
「ブサイクドラキュラって呼ばないで~」

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 8月の創刊35周年に向けてさまざまな企画を展開している「オリスタ」(オリコン・エンタテインメント)。5月26日号の連載ページ「メモリアル・ランキング」では、2006年5月に発売したシングル「きっと大丈夫」についてインタビューを受けた嵐をプレイバック!

 “ラキラキベイブ”“シャカシャカベイブ”など、テンションの高いとりとめのない歌詞が続くこの曲、ミュージックビデオ(以下、MV)撮影も自由な雰囲気の中で行われたそう。松本潤は「結構リーダー(大野智)はMVの撮影でヘンな顔とかするんだけど、基本的にいつもそういうとこは使われないんですよ。それが、今回は使われてたのが嬉しかった!」と、ちょっと珍しいパターンだったことを告白。二宮和也と大野が帽子を投げ合って頭でキャッチするシーンがあるのですが、これはもともとアドリブでやっていたものが使われたそう。なかなか成功しないのでスタッフからNGが出ていたにもかかわらず、大野らが続けて、成功したものが使われたそうで、櫻井翔も「ここで言いたいのは、『やめて』って言われてもやめないってところですね(笑)」とニヤリ。最後に“曲やMVを通して伝えたかったことは?”とたずねられた大野が、「いや~もう、そんな伝わるもクソもないでしょ」と身も蓋もないコメントで締めているのですが、8年も前となるとノリが若い!

 今号で表紙を飾っているのは、6thシングル「King&Queen&Joker」をリリースしたばかり……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク