[ジャニーズ・メディアの裏側]

元人気ジャニーズJr.、“意味深”動画アップでファンに混乱広がる

azezal.jpg
YouTubeより

 17日に放送された特別番組『ファイト!YOUたち~ジャニーズJr.NO.1決定戦』(TBS系)や、レギュラー番組『ガムシャラ!』(テレビ朝日系)など、ジャニーズJr.をメインに据えた番組が増加している昨今。90年代の「Jr.黄金期」の再来のような盛り上がりをみせているが、スポットライトを浴びてテレビや雑誌のメインに立つJr.の後ろには、さまざまな理由でジャニーズを離れていくJr.も存在する。

 Sexy Zoneのバックダンサーである通称「セクバ」のメンバーとして、神宮寺勇太や岩橋玄樹、中村嶺亜など人気Jr.と活動をともにすることが多かった角田侑晟も、3月末頃にジャニーズを退所したとみられている。2012年6月にジャニーズ事務所入りした角田は、得意のローラースケートを武器に『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)でもメインの一員として出演してきた。事務所のプッシュと比例してファンを増やし、人気メンバーの仲間入りを果たした最中での突然の退所は、ファンの間から心配の声が上がっていた。

「その後、行方のわからなくなっていた角田ですが、現在は『YU-SEI vivit AZAZEL(ユーセイ ヴィヴィット アザゼル)』として活動を始めています。公式サイトのプロフィールには『2014年4月25日転生、天界出身、ワールドデザイナーとして2014年に転生する』などの記述があり、ドラキュラのような付け歯と黒のハットにボーダーのタイツを着用した角田の写真が載っています。世界観はポップな悪魔といったところでしょうか。今月16日には初の動画がアップされましたが、アクセスが集中したようで閲覧もままならなかったようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 動画は4分37秒に及ぶコンセプチュアルな内容で、暗闇で膝を抱える角田が「終わりたいの?」「人も時代もいつか死ぬ」「怖い?」などと自問自答する前半部分と、ポップなドラキュラになった角田が楽しげにダンスをする後半部分で成り立っている。コメント欄には、ファンからの「角田何があった、どうした」「そのカクタパミュパミュ的なのがんばってほしい」「何したいのかわからんけど頑張れ」といった言葉でにぎわっている。

「元Jr.がファン相手に細々と芸能活動を続けることは珍しくないですが、ジャニーズのにおいを消してまったく新しい世界観とコンセプトで活動を始めた角田のようなタイプは初めてでは。ほとんどのJr.は退所後すぐにSNSを初め、辞めジャニ同士で交流を取りますが、角田はそういった交流をまったく取っていないようです。一方、元関西ジャニーズJr.で重岡大毅や小瀧望と活動していた新垣佑斗は、退所後に新ユニットを作ってライブ活動を展開していますが、動員は寂しい状況だとか」(同)

 辞めてから芸能活動から足を洗う者、ファン相手に近距離での公演を行う者、まったく行方の想像できない角田のような者……。ジャニーズJr.人気に伴い、こうした元Jr.の活動も増加していくのだろうか。今後の動きにも注目だ。

ソーセージ売りのパナを見習う子はいないのかね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク