堺ファンもこれくらいの分析はやってるけどさ

大河初主演の堺雅人、「明るいのに暗い」三谷幸喜が語る俳優としての強みとは?

sakaimasato-011.jpg
瞳になにも映さないような顔をしてるよね

 2016年放送のNHKの大河ドラマが、三谷幸喜脚本・堺雅人主演の『真田丸』であることが発表された。三谷にとっては04年の『新撰組!!』以来の登板、堺は08年『篤姫』以来の出演で、大河初主演となる。堺は以前から「大河ドラマはまたやってみたい」と語っていただけに、ついに夢が叶った格好だ。

 三谷の作品に堺が最初に出演したのは、01年の舞台『VAMP SHOW』。そして『新撰組!!』では山南敬助を演じ、一躍脚光を浴びた。その後も舞台『恐れを知らぬ川上音二郎一座』に出演するなど、三谷が堺に信頼を寄せていることがわかる。

 しかし、三谷は一体、堺にどのような魅力を感じているのか。08年発行の「キネマ旬報」(キネマ旬報社)11月号のインタビューで三谷は、「堺雅人という役者の最大の面白さは、その『矛盾』にあるように思うのです」と語っている。まず、三谷は「役者さんですから、当然、彼はどんな役でもこなします。でも深刻な場面を演じていても、彼には天性の明るさがあります」と、堺の“陽”の面を評価。「彼が登場すると、それだけで画面全体が華やぐ、そんなパワーを堺雅人という俳優は持っています」と絶賛している。

 だが、それ以上に三谷が堺を「稀有な存在」と認める理由は、「根が『陽』のはずなのに、色で例えるなら『寒色系』の人だから」だという。三谷いわく、堺の色は「ブルーがかったオレンジ」。“矛盾した色”だが、それこそが堺の武器だとして、このように評するのだ。

「明るいのに暗い。笑っているのに笑っていない。賢いのにどこか抜けている。熱いのにクール。クールなのに熱い。相反する二つの要素を同時に抱えた人物を演じる時、堺雅人という俳優は、驚くほどの輝きを見せます」

 社会現象となったドラマ『半沢直樹』(TBS系)でも、堺は冷徹さだけではなく、妻や仲間の同僚への温かな素顔も垣間見せ、その魅力を表現。代表作の一つである『篤姫』や『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)でも同様に、人間の陰と陽を鮮やかに体現してきた。三谷はこうした堺が持つ天性の才能を、ブレイク以前から見抜いていたのだろう。

 真田幸村は、温厚で明るい性格ながらも、戦では「日本一の兵」と言わしめたほどの知略に富んだ武将。三谷は朝日新聞の連載コラムで、「自分なりの理想の大河ドラマに近づけようと思っている。前回より喜劇色は少なめに、人間ドラマをしっかりと描く」と書いているが、堺はこのドラマでどのような新境地を切り拓くのか。放送はまだまだ先ではあるが、大いに楽しみにしたいところだ。

その妙な明るさが怖いんです

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  4. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  5. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  6. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  7. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  8. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  9. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  10. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  11. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  12. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  13. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  14. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. “○○が面倒くさい”芸能人
  18. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  19. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  20. 月9イケメン俳優3人の業界評は?

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  3. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!