ゴーヤに電球にペットのインコまで…驚愕の「異物挿入」列伝!

【messyより】

momoco0515.jpg
Photo by Kinshuk Kashyap from Flickr

 先日、Twitter上で発信力のある産婦人科のお医者さまが、「産婦人科医が困る膣内の異物挿入は、卵、電池、電球、ゴーヤ…とカオス状態」といった主旨のことをつぶやかれ、あっという間に拡散されていました。そこには、「スプレー缶のフタは膣内にいれたままそれが腸穿孔、死亡となった事例もあるから、情けないながら侮れない」という記述も……。コワい!! 腸穿孔(ちょうせんこう)とは、腸の壁に穴があくことだそうです。

 それに対する医師の方々のリプライが、またすごい。内容をまとめると、
「スプレー缶のフタでえぐいことになっているのは、私も見たことある」
「アイスのプラスチック棒で直腸瘻※ってのもあった」
「泌尿器科も膀胱異物、大腸肛門科も肛門異物と戦っている。膀胱内をレントゲンで診たら、数珠状に丸く連なった〇ップ〇レキバンの磁石がくっきり映っていた…

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク