「歯が命」の芸能人がこっそり愛用!? 再生医療分野のホワイトニング技術がスゴイ!

sumitanianna_poririn.jpg

 かつて「芸能人は歯が命」という歯磨き粉のCMが一世を風靡したことがありますが、今もなお、歯のケアに力を入れる芸能人は少なくありません。地デジ化によって、より鮮明に映るようになったテレビ画面では、歯が汚いのは一瞬で視聴者にバレてしまいます。そんな誰よりも歯に気を遣う芸能人たちは、きっと歯科医院で高額なホワイトニングをしているんだろうな……と思いきや、まったく新しい技術から生まれたというあるホワイトニング法を、家にいながらこっそり実践しているんだとか!

poririn_item.jpg


 ママタレントの住谷杏奈、インリン・オブ・ジョイトイ、元モーニング娘。の市井紗耶香ほか、芸能人が愛用しているという「ポリリンホワイト」は、歯ブラシにつけてブラッシングするだけで、自宅で簡単にホワイトニングができるというアイテム。再生医療の分野から生まれたというこのアイテムは、短鎖分割ポリリン酸が配合されており、歯の表面に付いた紅茶、コーヒーや煙草のやになどをステインを除去した後、ポリリン酸が歯の表面をコーティングすることにより、ステインの沈着をガードしてくれるんだとか。また、天然ブルガリアローズで口臭予防も期待でき、歯周炎(歯槽膿漏)の予防、歯肉炎の予防、歯石の沈着・虫歯を防ぐといったうれしい効能も。

 しかし新しい技術だけに、「市販の歯磨き粉や、やっぱり病院でやった方が安全では?」という気もしますが、市販の歯磨き粉は研磨剤で歯が傷だらけになったり、歯科医院では基本的に漂白剤を使うので、再び着色が起こってしまったりといった可能性もあるとのこと。その点、「ポリリンホワイト」は、研磨剤・漂白剤フリー。またポリリン酸は、医学博士により研究開発されたもので、特許も取得済みなんだとか。そもそもポリリン酸は、あらゆる生物の体内にもともとある成分だそうで、その点は安全できますね。

poririn_b_a.jpg
ポリリンホワイト使用者の使用前(左)と使用後(右)

 愛用者からは、「黄ばみが取れて、歯に透明感がでてきた」「口臭が気にならなくなった」「使用後に歯がツルツル・ピカピカになった」「歯がきれいって褒められた」など、喜びの声が届いているとか。今まで、歯のホワイトニングと聞くと、「お金がかかりそう」「面倒くさそう」というイメージがありましたが、ただいつもの歯磨きと同じように、ブラッシングするだけ、しかも病院に通うよりかなりお得ならば、一度は試してみたいものですよね。

 「ポリリンホワイト」は、90日間の全額返金保証。今までおろそかになりがちだった歯の美容にはもってこいかも。芸能人のようなどこから見られても問題なしの歯を手に入れてみませんか?

・「ポリリンホワイト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー