[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

HKT48・指原莉乃の『キスマイBUSAIKU!?』出演予告、「見る気失せる」「またAKB」と非難続出

kitamitu04_04.jpg
王道アイドルじゃない者同志ならセーフ?

 HKT48・指原莉乃が5月12日、自身のTwitterに「キスマイBUSAIKUにおじゃましてきました。みなさんのハートの強さに尊敬。。また一つ勉強になった」とツイートし、これを知ったKis-My-Ft2ファンから「キスブサに指原は嫌だ」「AKBは出てほしくない」「見る気失せる」などと、落胆の声が上がっている。

 指原が出演を予告した『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)は、キスマイメンバーがテーマに沿ってセルフプロデュースしたVTRが、カッコ良い順にランキング付けされるという番組。今年1月放送のバラエティー番組『Kiss My Fake~キスマイフェイク~』(TBS系)にも、多数出演するゲストの1人として指原は出演していたが、『キスブサ』のように単体でメンバーと絡むことに、複雑な心境を抱くファンも多いのだろう。また、ファンからはキスマイとAKBグループの共演が多いことを疑問視する声も上がっている。

「通常、ジャニーズの番組では、ファンのやっかみを嫌って同世代の女性アイドルのキャスティングは避けますが、SMAPやキスマイ、ジャニーズJr.を手がけるチーフマネジャー・飯島三智氏は、AKB48グループとの絡みを積極的に行っています。Jr.とAKB48メンバーが多数共演したドラマ『私立バカレア学園』(日本テレビ系)では、両者のファンから非難の声がかなり上がりましたが、その後も、中居正広がMCの『火曜曲!』(TBS系)や、現在放送中の『UTAGE!』(同)をはじめ、今年3月放送の『震災から3年“明日へ”コンサート』(NHK)内の企画では、キスマイ&AKB48メンバー計5名が一緒に被災地を訪問しています。一部では、東京五輪組織委理事に決まった秋元康に近づきたい飯島マネジャーの意向が反映されてるとも言われています」(ジャニーズに詳しい記者)

 指原の『キスブサ』出演に反対の声が上がる一方で、ネット上ではAKB48・小嶋陽菜や島崎遥香といった“ビジュアルが売り”のメンバーではなく、バラエティー班の指原なら「嫌じゃない」との意見も。

「ジャニーズファン以外からは、『嫉妬以外の何でもない』『指原かわいそう』『仕事だろ』と、指原を擁護するコメントも見受けられます。結果的にTwitterに書き込むことで番組宣伝になるため、『指原はTwitterの使い方がうまい』という声もありました。菜々緒が同番組にゲスト出演した際は、VTR鑑賞中にコメントすることに対して『うるさい』と批判が相次ぎ、『キスマイに手を出すな』とTwitterで猛攻撃される事態にまで発展したので、指原の行動もファンから監視されることになりそうですね」(芸能ライター)

 放送前から物議を醸している指原の『キスブサ』出演だが、果たして番組では指原とキスマイメンバーがどう絡むのか? 今後もAKB48グループとの共演は増えていく一方なのか? 動向に注目したい。

大人にけがされていくアイドルをもう増やさないで

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー