「それってハラスメント? 」内生する被害意識と簡略化の罪

【messyより】

nagako0514cw.jpg
(イラスト/別珍嘆)

 女と会話をする際、「目を見て話すことが苦手」という理由でどうしても伏し目がちになってしまう照れ屋の男がいるとする。

 話し相手である女は、男の視線が下部に向いていることから胸を見られていると捉え、後、「あいつ、胸ばっかり見てた」と友人に陰口を叩く。私のように乱暴な口調でものを言う声の大きな女だった場合は、公衆の面前で「胸ばっかり見てんじゃねえよ、このセクハラ野郎!」と照れ屋の男を罵倒するかもしれない。

 セクシャル・ハラスメントが「性的嫌がらせによる人権侵害」であることは言うまでもないが、上記の例の場合、そもそもそこに「性的嫌がらせ」は存在しない。事実として存在するものは「そう捉えた」女の主観であり、思い込みや被害妄想の可能性もある。しかし女が「不快に思った」という感情の発露自体は事実である。

 男が「見ていない」こともまた事実だが…

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「それってハラスメント? 」内生する被害意識と簡略化の罪のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  7. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  8. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  9. “ふっくらもち肌”は1分間だけ、イソフラボン配合の「なめらか本舗」【本当はヤバい洗顔料】
  10. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  11. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  14. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!
  15. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  16. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  17. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  18. 塀の中でもクスリの乱用はアリ?
  19. プウ美ねえさん流体重キープ術
  20. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  5. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参