大手芸能メディアはだんまり

AKB48・大島優子、卒業公演に暗雲!? ドン・キホーテとAKSの“パチンコ”裁判の闇

akb48_syoki.jpg
AKB48とドン・キホーテはともちん大改修前からのお付き合い

 昨年末の『NHK紅白歌合戦』で卒業を発表したAKB48・大島優子が、6月9日のAKB48劇場での公演をもって卒業することがわかった。同地は、絶対的エース・前田敦子の卒業公演も行われた“聖地”だが、ファンの間で1つ危惧されている事案がある。3月に報じられた、大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」とAKSのパチンコ裁判だ。

 東京・秋葉原のAKB48劇場は、同地の「ドン・キホーテ」8階に位置し、AKB48専用のライブハウスでありデビュー公演も行われた、AKB48にとっての本拠地だ。ドン・キホーテは、店舗内へのAKB48劇場設置と支援をする条件に、公式グッズの独占販売権を取得することをAKS側と合意していたが、AKSの株主となったパチンコメーカーの京楽産業が、メンバーが登場するパチンコ機器を無断で販売。ドン・キホーテはAKSと京楽を相手取り、販売差し止めと50億円の賠償金を求める訴訟を起こしていた。

「現在大手メディアは、AKB48に『支配されている』状態だけに、この件に関してはスポーツ紙などで詳細は伝えられず、裁判が行われているという事実が一般紙に報じられたのみ。しかしドンキ側の言い分ももっともですが、さすがに50億円は法外。売り上げを回収するというよりは、もはやAKB48との関係が完全に破綻しても構わない様に見えます」(週刊誌記者)

 双方とも争う姿勢を見せているというが、この一件は表沙汰になる前から、水面下で両者が攻防を繰り広げていたという。

「ドンキ側はかねてから、パチンコの売り上げに関しても、利益共有するようAKSに申し入れていたそうです。ところがAKS側はそれをスルーする形で、パチンコ台第2弾の検定通過(※台をリリースするために必要な審査)を済ませて、いつでもリリースできる状態にしていた。さらに昨年には、パチスロ機のリリースも行い、とうとうドンキ側もしびれを切らして告訴に踏み切った、という流れのようです」(同)

 過去のパチンコ・パチスロ機2台による売り上げは、1,000億円以上と言われるが、こうした争いに発展する前に、両社の落とし所は見つからなかったのか。

「もはや裁判が公になったという時点で、双方とも譲歩できないと判断したということでしょう。さらに現在でも公判が続いているところを見ると、AKS側もドンキと組み続ける意思がないのでは。裁判の結果次第では、ドンキからAKB劇場が完全撤退という流れになることでしょうね」(ワイドショー関係者)

 次回公判は7月17日に東京地裁で行われる予定。今や日本を代表するアイドルである大島だが、AKB48最後のステージが裁判相手の敷地内で行われるという、なんとも皮肉な卒業公演となってしまいそうだ。

「ドンドンドンドンキー♪」の聞こえ方も変わってくるわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー