「タレント本という名の経典」

モテ女子のテクを「コワ~イ」と一刀両断、保田圭『美ブス婚』のしたたかな上から目線

bibusukon.jpg
『美ブス婚‐最下位娘。の婚活物語‐』(ワニブックス)

――タレント本。それは教祖というべきタレントと信者(=ファン)をつなぐ“経典”。その中にはどんな教えが書かれ、ファンは何に心酔していくのか。そこから、現代の縮図が見えてくる……。

「おいしい」は「カワイイ」に勝てない。

 保田圭の『美ブス婚 ~最下位娘。の婚活物語』(ワニブックス)はタイトルどおり、元モーニング娘。である保田圭の婚活成功物語である。イケメンのイタリア料理研究家・小崎陽一氏とめでたく結婚にこぎつけたのだから、さぞ幸福感にあふれているかと思いきや、読後に訪れたのは、悲しみにも似た上記のような感想だった。

 本書で保田は、アイドルグループ・モーニング娘。において、「ブスキャラ」だったと自身を振り返る。5,000人以上の応募者の中から、見事オーディションに合格したものの、保田はマネジャーに「おまえはモーニング娘。8人の中で8番目だからな」と宣告を受ける。実際、ポジションはいつも後列で出番も少し。保田はセンターの安倍なつみと自分を比較した結果、「あのカワイイ顔で、しかも華があるなっちには、もうど~やったって勝てない(笑)」と悟り、路線変更を決意する。

 新しい路線は歌やダンスに磨きをかけることと、8人中8番目というポジションを逆利用して「ブスキャラ」を担うことだった。保田は「最初はヘコみました。自分のことが可愛いと自信は持っていなかったとしても、国民的アイドルになれたわけですから、少しは…」と葛藤があったことを認めているが、「それで名前を覚えてもらって、笑ってもらえたら、この仕事をはじめた意味がある!」と割り切ることにしたそうだ。

 そういえば、同グループの吉澤ひとみが、『さんまのホントの恋のかま騒ぎ!』(TBS系)において、保田がブス扱いされることを「最初はかわいそうだと思ったけど、結局おいしい」と語っていたが、ブスキャラが仕事上のプラスになったことは間違いない。

 本書において、保田は自らを「ブス」ではなく「ブスキャラ」と表している。これは国民的アイドルグループの中においてはブス役だけれど、アイドルであるから、一般人よりははるかに上という矜持を表していると思われる。しかし、仕事上のキャラがあまりに世間に浸透しすぎて、プライベートの場で「保田を彼女にするには、恥ずかしいと面と向かって言われた」と、「ブスキャラ」ではなく「ブス認定」されたと書いている。トップアイドルの一員である自負と、愛されるアイドルでいるための戦略として「ブスキャラ」を選択したものの、プライベートでもブス扱いされて男性に愛されなくなるという現実。この軋轢は、保田の自意識を捻じ曲げたように思う。

 本書には「(結婚を打ち明けた際に)友人が『絶対だまされてる!もしくはこれはドッキリ!』という言葉を押し殺していたんじゃないかなと思ったり…」と度を越した自虐表現が連なっているが、その根底に潜むのは、自信のなさではなく、負けず嫌いな性質である。合コンで会った男性に「なっちに会えない?」と男性に頼まれたことがあるなど、本書には、安倍と自分を比較した記述が随所に見られる。カワイイなっちには勝てないと言いつつも、なっちを意識しているということは、保田は負けを認めてはいないということだ。どうにかして勝ちたい、そのためには、なっちより多くのウケを取ることが必要であり、だから過激な自虐に走ってしまう。つまり、自分に自信があるからこそ、過剰に自分を落としめるのだ。

アイドルとブスという劇薬を同時に服用したばかりに

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム