ももクロ新曲は“前作割れ”5.5万枚発進……「握手会なし」でライブ動員重視か?

momoclo1017waku.jpg

【日刊サイゾーより】

 5人組アイドルグループ・ももいろクローバーZのニューシングル「泣いてもいいんだよ」(EVIL LINE RECORDS)の売り上げが前作割れしており、一部ネット上で「人気のピークが過ぎたのでは?」と話題になっている。

 表題曲の「泣いてもいいんだよ」は、作詞・作曲を中島みゆき、編曲を66歳の大御所プロデューサー・瀬尾一三が手掛けたミドルナンバー。3月に行われた国立競技場でのコンサートで初披露されるや否や、多くのモノノフ(ももクロのファン)から「神曲」などと絶賛されていた。

「これまでも布袋寅泰や広瀬香美など、大物アーティストが楽曲を手掛けてきたももクロですが、今回、最たるビッグネームということもあってか、プロモーション費用は莫大……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク