[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・二宮和也『弱くても勝てます』、驚異の視聴率4%アップで11.9%に巻き返し!

ninotyan.jpg
ドラマ叩きが一周して今度は評価されるターン?

 第4話で7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と最低記録を更新してしまった嵐・二宮和也主演の連続ドラマ『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)。その後の視聴率に注目が集まっていたが、10日に放送された第5話は11.9%だったという。

「5話では、ドラマの軸となっている小田原城徳高校の“へっぽこ野球部”が、二宮演じる監督の田茂青志の作戦をもとに、初の練習試合に挑みました。ここに来て前週より4.3%の上昇は驚きですが、後半に差し掛かるにつれてストーリーのテンポが良くなってきたことで、視聴率アップに成功したのかもしれませんね」(芸能ライター)

 同作では『嵐にしやがれ』(同)とのスペシャルコラボ企画として、両番組のオンエアー中に無料アプリ「フリフリTV」を“フリフリ”すると限定ピンバッジが当たるというプレゼントキャンペーンを実施。10日の放送では小田原城徳高校の校歌を1,000名にプレゼントするという特別企画も行い、ドラマを盛り上げている。

また、同作に関しては視聴率回復とともにうれしいニュースも。ドラマのエンディングテーマとなっている嵐の「GUTS!」は、5月12日付のオリコン週間ランキングで初週50万枚超えを果たし、断トツの1位を獲得した。

「部員たちの人間関係にもさまざまな問題が生じており、『面白くなってきた』という感想も上がっています。17日の6話では、野球部員の中心メンバーで、本郷奏多演じる亀沢俊一が『学校を辞める』と言い出し、学校の文化祭行事も絡んで物語が展開していくので見逃せない内容となりそうです。同枠では昨秋に放送されていたKAT―TUN・亀梨和也主演『東京バンドワゴン~下町大家族物語』が一桁を連発し、平均視聴率 7.1%と大惨敗でした。『弱くても勝てます』が、この調子で盛り返せると良いのですが……」(同)

 一時は7%台に落ちながらも、今期のジャニタレ主演作では、健闘を見せている『弱くても勝てます』。7月からはHey!Say!JUMP・山田涼介主演の『金田一少年の事件簿neo』が同枠で待機しているが、良い流れで後輩にバトンをつなげるだろうか? 

視聴率の推移がドラマより刺激的

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー