「若作り!」の批判も

工藤静香、「研ナオコ風」に劣化!? 今も続く「キムタクの嫁なのに」批判

sizukarekka.jpg
相川七瀬オフィシャルブログより

 5月11日放送の『新堂本兄弟』(フジテレビ系)に出演した工藤静香が「劣化した」と話題になっている。かねてから、ネット上では“劣化の激しい芸能人”によく名前が挙げられていた工藤だが、一体何が起こったのだろうか。

「工藤は、2000年にSMAP・木村拓哉と結婚して2児の母でもあるため、公の場に登場する機会は限られていますが、最近では話題になるのは“劣化”ばかり。しかし先月24日に、トレードマークのロングヘアをばっさり切ったショートヘアー姿で相川七瀬のブログに登場し、容姿が『若返った』と評判になっていたのですが……」(芸能ライター)

 そんな工藤は、4月から『MUSIC FAIR』『僕らの音楽』と、フジ系音楽番組に立て続けに出演。往年のファンを喜ばせているが、容姿は酷評の嵐だという。

「工藤は44歳ですが、やはり笑った時の目元や首筋のシワや、顔の歪みが気になった視聴者が多かったようで、『かなり老けた』『お婆ちゃんみたい』と言われています。髪型のせいか、工藤より15歳以上も年上の『研ナオコに見えた』という声も。髪型は以前のような明るい茶髪の“ヤンキー風”からショートヘアーにしたことで落ち着いた雰囲気になりましたが、『新堂本兄弟』のトークコーナーにデニムのショートパンツ姿で登場。その“若作り”についても、率直に『痛々しい』という感想が上がっていました。そして毎度のことですが、『キムタクはあんな嫁でいいの?』といった声もありますね」(同)

 久しぶりのテレビ出演で、老化や若作りが叩かれてしまった残念な工藤だが、番組では、ももいろクローバーZとコラボレーションし、自身のヒット曲「激情」を披露。本業の歌手としては「歌うまい!」「やっぱりスゴイ」とネット上で高評価を得られたことが、せめてもの救いかもしれない。

静香は、アラフォーの元ヤンには神様なのにね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク