恥ずかしながら戻って参りました

“プッツン女優”星井七瀬、沢尻エリカ主演ドラマで人知れず復帰の裏事情

hosshinanase.jpg
『桜の花』/EMIミュージック・ジャパン

 沢尻エリカ主演の連続ドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)で、星井七瀬が人知れず復帰していると一部で話題になっている。かつてネット上で“迷走ぶり”が話題になった星井は、2011年の出産発表後、その消息さえ不明だったが、どうやら芸能界を引退したわけではなかったようだ。

 星井は03年、田中麗奈、三浦透子に続き「3代目なっちゃん」としてサントリーのCMに出演しブレーク。ドラマ『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)などに出演し、着実に知名度を上げていったが、10年4月に、自身のブログで「『なっちゃん』と呼ばれるのがイヤでした。」「実は、女の子を好きになった事があります」と、衝撃告白を行ったことが話題になった。

「これまでの自分の仕事を否定した上に、同性愛告白とあって、ネットは大騒動に。『作り物の私を好きになってもらっても嬉しくないの。私はアイドルでもタレントでも女優でもない。表現者なの』といった、突飛な言動には批判が集中しました。そして間もなく、そのブログは閉鎖となりました」(芸能ライター)

 その後は、11年にオフィシャルサイトで一般男性との結婚・出産を発表したものの、まったく芸能活動が見えないままだった。突然のドラマ出演の理由とは何だったのだろうか?

「『ファースト・クラス』は、制作当初から沢尻の“バーター”がエイベックス内でうまく調整できずに、関係者も焦っていました。本来であれば石田ニコルの役あたりにエイベックスのタレントを入れたかったようですが、スケジュールの都合などで、結局SUPER☆GiRLSメンバーがちょい役で出演する程度に。しかし星井の背景を考えると、彼女が沢尻の“バーター”であることは明らかです」(制作会社関係者)

 星井が所属するのは、乙葉や吉木りさなどグラドル中心のプロダクション・フィットワン。「同プロ社長はエイベックスの幹部・E氏だけに、星井はエイベのバーター扱いというわけです。しかし星井は、なっちゃん当時から、あまり仕事のできるマネジャーが付いておらず、事務所からもそこまで期待されていたわけでもなかった。それなのに、あんな騒動を起こしても所属し続けられて、またなぜ今回ドラマに出演できたか、本当に謎ですけどね。いずれにせよ、自身のファンを否定する発言をした “前科”を持つ星井は、今後より一層その言動が注目されることを、覚悟しておかなければいけないでしょう」(同)

 ともあれ、星井が約4年半ぶりに芸能界に復帰したのはれっきとした事実。まずは今後の活動に期待したい。

重度の中二病から帰還

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!