[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」6月号

こなれ狂いの「CLASSY.」が、一番モテる服=自己主張のない服と必死の喧伝

classy1406.jpg
「CLASSY.」2014年6月号(光文社)

 こなれさせたい「CLASSY.」編集部とこなれない読者の間に勃発した、いわゆるKNR(こなれ)紛争。前号ではついにオリジナル通販でKNRの本丸「チェックのシャツ」と「スウェットのセットアップ」の販売まで始めたことをお伝えしましたが、今号でようやくこの不毛な争いにも終止符が打たれるのか。

 6月号の特集はその名も「誰でも簡単攻略 ゼロから始める『こなれカジュアル』入門」。もはやこなれはFXと同じ扱い。読者代表のワードローブをプロがチェックし買い足すべきアイテムと着こなしを指南する「『こなれカジュアル』の基本のキ、持ってますか?」、白シャツ、ダンガリーシャツ、チェックシャツの着こなしを徹底解剖する「シャツから始めれば『こなれカジュアル』は簡単です」など、“これでこなれなきゃアンタ人間じゃないよ”と責められるかのような内容。リードには「カジュアル初心者からカジュアル挫折者(笑)まで、『こなれカジュアル』を完璧にマスターできる企画が目白押しです!」。なぜそんなに無理してまでこなれなきゃいけないのかさっぱりわからないのも含めて、このこなれ狂想曲、すでにオモシロの次元に到達してる模様。さぁ挫折者たちよ、立ち上がれ! KNRネバーギブアップ!

<トピックス>
◎特集 誰でも簡単攻略 ゼロから始める「こなれカジュアル」入門
◎荒木里実さんが解説!“こなれワザ”詳細プロセス
◎真実のモテ服はモテ賢者が知っている

■こなれはもう「自然な無造作」ではない!

 アイテムや着こなし術を紹介するぐらいでは、コンサバという鋼鉄の鎧を身につけてきた「CLASSY.」読者がその対極にある「こなれ」や「カジュアル」へと簡単にシフトチェンジできないということは、今までの特集でも散々実証されてきました。たとえスウェットパンツにヒールを合わせてダンガリーシャツを羽織っても、まとっている空気が「こなれ」でなければ、結局は借りてきたカジュアルになってしまう。じゃあそのまとっている空気までを捏造しよう、というのが「荒木里実さんが解説!“こなれワザ”詳細プロセス」。

 リードの「モデルみたいにロールアップしたり、カーディガンを肩かけしたり、シャツの袖をまくってみたりしているのに、雑誌のようにカッコよく決まらない」という言葉が、こなれづらい「CLASSY.」女子たちの苦悩を物語っています。扉ページ(企画の表紙ページ)には袖をまくった白シャツにロールアップしたデニム、カーディガンを肩かけしたモデルと、白シャツをデニムにインし、さらにカーディガンのボタンをきっちりはめているモデルの姿。「こなれに必要なのは適度な抜け感。それがないと何だかダサい印象に」……言った! ダサいって言った!

「グッドなウィルはあるのか」西澤先生の一押しギャグなんだから笑ってあげて

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー