その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「センターになってたら……」「マリウスにイライラしちゃう」Sexy Zone松島聡のリアルな発言

jmatsushima05.jpg
今のジャニタレには少ない、野心丸出し系の松島

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 「Myojo」2014年6月号(集英社)、まずはHey!Say!JUMPのページからチェックしてみましょう。今月の撮影&インタビューのテーマは「見せてやるよ! Bad&Wildモード ワルくてワリいか?」です。アイドル誌の「ワル」企画というのは、これまで「アイドル誌チェック!!」で散々ご紹介したように、ワルくならないのがお決まりのパターン。ジャニーズの中でも、群を抜いて優等生であるHey!Say!JUMPのメンバーはどのようなワルい一面を見せてくれるのでしょうか。

 まず写真を見てみますと、階段の骨組みに手錠でつながれている知念侑李、鉄線越しにシリアスな表情を浮かべている有岡大貴、ヒョウ柄をバックに睨みつけるかのようにカメラを見据える山田涼介らはたしかにワイルド。ところが、細身の伊野尾慧&中島裕翔が自身の体の3倍ぐらいありそうな大型バイクの前で表情をキメても、バイクが倒れてこないかと不安になるような仕上がりになっています。海好きで一人でふらっと沖縄に行くこともあるという、JUMPイチのワイルドな男・高木雄也にいたっては、大きな革張りのソファにもたれて精悍な表情を見せていますが、なぜか太ももにはデザートグラスから転がり落ちてきたイチゴが! アイドルの象徴・イチゴがどうしてもワルの邪魔を……これがアイドル誌におけるワルの限界なのでしょう。

 自分のワル&ワイルドを自慢するエピソードでも、「辛いの全然食えないくせに……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク