しいちゃんの芸能解説講座【裏】

「秋元康に接近」中田英寿、「食レポ募集」コダカラー清志、「ブス擁護」綾小路翔ら勘違いの人々

ayanokoujisyou.jpg
「喧嘩上等」(影別苦須 虎津苦須)

編集S 5月11日は母の日……ってわけじゃないけど、菜々緒が母親の写真を公開したとか。

しいちゃん 5月2日、Twitterで「今日は母と1日デートでした!(中略)大切な私の家族。幸せです」とコメントした後、Instagram(インスタグラム)にアップした写真のことね。母親は口を手で隠していて顔がはっきり写ってないんだけど、ファンから、「若くて綺麗」「ままめちゃ綺麗」「美人親子」と賞賛のコメントが入ってる。

編集S はっきりわからない写真で、「綺麗」と称賛するファンもどうかと思うけど、それより母親の服がおもしろい~。背中からワキがレースでスケスケじゃない? ブラらしきストラップも見えてる。こういう隙がババアの良さよ!

しいちゃん これまでも菜々緒は母親の写真を何回か公開してる。2011年7月29にブログにアップした写真の母親は、かなり明るめの茶髪で胸元がざっくり開いた服を着てる。12年10月12日にTwitterにアップした母親の横顔は、運転席でシートを倒して片手でハンドルを握り、肩肘はサイドに置いている。なんともヤンキーっぽい雰囲気なんだけど、ファンからは「ファンキー母ちゃん」「片手運転なんてかっこいい」というコメントが寄せられてる。菜々緒は、高校の卒業アルバムと見られる写真がネットで出回ってるんだけど、目がすごく腫れぼったくて「お直し」疑惑もあるのよね。ママはその成長前の菜々緒にそっくり。

編集S 釈由美子と妹みたい関係のことね。「お直し」のビフォー・アフターがわかってしまう、鏡のような存在。写真をアップしない方がいいと思うんだけど、菜々緒は13年5月26日にはTwitterに兄に抱きついてる写真を公開しているし、たまに家族を登場させてイメージアップを図ってるわけね。

しいちゃん それでイメージアップになるかどうかは疑問だけどね……。イメージといえば、元サッカー日本代表で、現在は“旅人”の中田英寿のイメージがダダ下がりしてるよ。5月3日、大阪市で、AKB48の総合プロデューサー・秋元康とトークショーを行ったんだけど、中田が「日本って面白いと盛り上げたい」「海外に向けて(日本の)プロデュースを考えている」と語り、秋元は「ヒデはプロデューサーに向いてるよ。この体脂肪率(の低さ)は自分の体をセルフプロデュースしている証し」とヨイショ。中田も中田で「一緒に全国を回ってみたい。秋元さんに企画書を書いてもらって番組で」と擦り寄ったらしいの。中田は5年前から47都道府県を旅していて、残すは北海道だけだとか。

編集S うへー。道民はいま「北の爆弾魔」で忙しいから、ヒデ&秋元が来たところで構っちゃらんないわよ!

しいちゃん ネットでも「これまた胡散臭い者同士がコンビ組んだな」「お互いが相手の金の匂いを嗅ぎつけた感じ?」「類は友を呼ぶ」「中田は何がしたいのか」「中田の落ちぶれ方がひどい」「サッカーファンからも完全に見切られてる」「さすがにこれは最悪」とドン引き。中田が何をやってるのか、華原朋美の求愛騒動で話題になった明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏や、ビッグダディ改めコダカラー清志並みにわからないわ!

編集S 中田もついにそこに並んだか。

しいちゃん そのビッグダディは、4月11日に三由紀さんと自身5度目となる結婚を果たしたばかり。5月2日のブログでは、三由紀さんとネパール料理を食べに言ったことを綴り、「普段、二人で街を歩いていても『このお店、美味しいのがあるんだよ』とか『それがまた、美味しいの』なんて会話の時の三由紀さんの表情は格別ですもんね。三由紀さんに食レポの依頼ないですかね。 見ている人が幸せな気分になる仕事をしてくれること、請け合いなんですが…」と結んでる。

編集S あ~、これは彦麻呂と石ちゃん(石塚英彦)にガチギレされるわね! 食レポなんて、そんな簡単な仕事じゃないのよ! 三由紀さんだか、三島由紀夫だか知らないけど、素人に頼むほど食レポ業界は甘くないからね。

しいちゃん そうかしら、ビッグダディと離婚後にタレントに転身した美奈子だけでなく、前々妻の佳美さんも4月に「FLASH」(光文社)でセクシーグラビアデビューを果たしたからね。ない話じゃないわよ。「女性自身」14年5月13日・20日合併号(光文社)では、美奈子が、ダディと三由紀さんの結婚について「週刊誌などを読みましたが、清志さんは飲み会で知り合って翌日プロポーズしたそうですね。それって……私のときもまったく同じでした(笑)」と暴露してた。

編集S ビッグダディの口説き方とか、どうでもいいから~。

しいちゃん 芸能界はいろいろと勘違いしている人がいっぱいいるところね。氣志團の綾小路翔の“ブス擁護発言”についてはどう思う? 綾小路は、5月3日のTwitterで、ドラマ『死神くん』(テレビ朝日系)について、「原作で一番好きなのは『心美人』の回。俺達ブスはいじけたらイカンのです。“みっともない”はご法度。決して腐らず、明るく生きていれば必ず良い事あるから。笑われても、努力を怠らなければいつか報われる日が来るから。俺が日々証明しているじゃないか。にゃろ」とツイート。ファンが「その通りだと思います!」「心に響きます」「元気をありがとう!」「感動しました」と大絶賛。綾小路は、4月22日にも「クラスに必ず一人ぐらいいる、ブスなのにアイドル目指してる女の子。俺、まさにあんな子でした」「あのブス達の殆どが、いつしか現実を知って諦めていったと思うんだけど、現実を知る事によって、寧ろ新たな方法を考え続けたブスが俺。めげないって怖い。今更になって自分が怖い」とかなんとかツイートしてる。

編集S この人が自分のことを「ブス」っていうのはネタでしょ?

しいちゃん そうなのよね。氣志團のバックダンサー・微熱DANJIのメンバーで綾小路の幼馴染の星屑輝矢に「ブス」と言われるのがネタ。さらに、綾小路はTwitterで「星屑さんは男女関わらずブスには厳しいという噂を聞いたのですが、本当ですか?」というファンの質問に、「星屑さんは優しいよ。ブスに冷たいのは俺です。自分が努力するブスだから、開き直ったブスが心から大嫌いなのです」と回答してる(5月3日)。また、「本気で整形考えてるんだけど翔やんは反対とかないの?」という質問には、「目標に向かって頑張ってる事が、何より素晴らしいと思うぜ。お金を貯めきった時の君の顔が見てみたい。する、しないはその時決めようぜ」と回答(4月22日)。

編集S え? なんだって? 話が長すぎて、途中から「今夜はマルチョウキメるか、上ミノキメるか」って考えてた~。え? 肉の話じゃない? ブス? もう顔の個性で笑いを取ったりウリにしたりしてる芸能人になに言われても説得力なくて、今夜はどの部位を食べるかということばっか考えちゃうよ。

しいちゃん ちなみに、綾小路はかつてPUFFYの吉村由美との交際が伝えられたことがあった。その後、06年にロンドンで知り合った女性と結婚してるんだけど、一部メディアに「ゴージャス系の美人というより小柄で可愛らしい感じの人」と報じられ、本人は反論の意味も込めて「小柄でかわいらしいゴージャスな美人」とコメントしてる。11年には一般女性との浮気&路チューが報じられたんだけど、お相手はヨンア似の美女とか。

編集S ヨンア……韓国……やっぱ今夜はサムギョプサルにするわ!

みんな自分の顔ばっか見ててよく飽きないね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに