貫禄ありすぎ~!

島谷ひとみ、「50代に見える」大劣化!? “バーニングの優等生”としてのストレスが原因?

simatanihitomi_rekka.jpg
島谷ひとみオフィシャルブログより

 島谷ひとみがブログにアップした近影写真が、ネット上で「美魔女みたい」と話題になっている。実年齢を感じさせない若々しい外見の女性を指す「美魔女」という言葉だが、33歳の島谷に向けられた「美魔女」には、「若作りしたおばさん」という不名誉な意味合いが込められているようだ。

 問題のブログは、今月2日。新曲「やぶれかぶれ」のPRに勤しんでいるという内容の文章とともに、前髪をアップにしたゆるふわパーマで、笑顔を見せている島谷の写真がアップされたのだが、ネットユーザーの間では“劣化”を指摘する声が飛び交ってしまった。

「確かに、フェイスラインのゆるみと髪型のせいで、実年齢よりもかなり上に見えますね。『美容に気を使ってる40代』『50代にも見える』などといった声がみられるほか、ニューハーフのようなケバさを指摘する声も。また、インパクトのない顔立ちゆえに、島谷ひとみと言われなければわからないという人までいました」(芸能ライター)

 2002年に「亜麻色の髪の乙女」でブレークしてからはや12年。「島谷はこれといったカラーがないタレントというのが特徴」と語るのは、芸能プロダクション関係者だ。

「島谷は、良くも悪くも器用貧乏。歌だけでなく、ミュージカルや舞台でも“そこそこ”の評価で、その適度な優等生具合が、使う側からすると『面白くない』と言われてしまっているようです」(同)

 とはいえ島谷は、芸能界で最強の力を持つといわれる、バーニングプロダクションの所属。バーニングの御用達タレントで出演枠が埋められている『モーニングバード!』(テレビ朝日系)、通称“バーニングモード”にもレギュラー出演しており、コメンテーターという新たな一面を見せている。

「島谷はほかにも、07年から5年連続でミュージカル『赤毛のアン』の主人公・アンを演じたことが話題になっていましたが、その制作発表は、マスコミにとって『バーニングへの挨拶』の意味合いが強かった。毎回毎回、会見の案内がバーニングから直接届くため、各メディアにとってはそれなりに大きな“恒例行事”でしたよ。島谷本人が、そのことに気づいているかは定かではありませけどね」(スポーツ紙記者)

 こうした背景が、本人にとってストレスとなっているかはわからないが、現在の島谷からは、かつての面影がだいぶ薄れてしまっているようだ。

すでにベストアルバムを5作も出してる生き急ぎぶり

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  4. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  5. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  6. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  7. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  8. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  9. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  10. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  11. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  12. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  13. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  14. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  17. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  18. 城島の「柿」ダジャレに苦笑、国分の自虐にツッコミ! 『鉄腕!DASH!!』の山口達也は大変だ
  19. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  20. “○○が面倒くさい”芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  2. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  3. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!