セレブすぎるアイドル!

AKB48・小嶋陽菜、家賃月150万円のセレブ生活!?  ファンは「応援するのが虚しい」

kojimaharuna.jpg
CDに換算すると、900枚以上!

 AKB48・小嶋陽菜が、1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で「家賃150万以上の超高級マンションに住んでいる」と伝えられたことにより、ファンの間に衝撃が走っている。現メンバーでは最も派手な暮らしをしており、近所のスーパーに行くにもタクシー移動というが……。

 ネット上では、ファンからの「稼いでるんだから当たり前」という意見の一方で、「『頑張れ』というのが虚しくなった」という声も。資生堂やピーチ・ジョンなど、人気ブランドのCMにも多数継続出演している小嶋だが、実際にはここまでの生活を送れるほどのギャラを手にしている可能性は、限りなく低いという。

「AKB48メンバーが上げた収益は、AKSや所属事務所などにも分配されるため、最終的な本人の手取りはごくわずかです。AKB48時代の前田敦子でさえ、家賃や生活周りの金銭は全て事務所持ちであるものの、毎月の手取りのギャラは20~30万円程度だったと言われるほど。小嶋に関しても、交際費などはさすがに自腹でしょうが、生活や移動費は、事務所持ちと考えるのが妥当です」(週刊誌記者)

 しかし、いくらAKB48の人気メンバーとはいえ、年間家賃1,000万円台のマンション生活は、果たして小嶋に見合ったものなのか。

「月に100万を超えるレベルのマンションとなると、初めから税金対策を視野に入れての契約というのが自然です。AKB48メンバーではなく、秋元康氏が住んでいるマンションがこのレベルですね。秋元氏のマンションには、福山雅治やEXILE・HIROと上戸彩、さまぁ~ず・大竹一樹と中村仁美らも住んでいますが、彼らにしても大手プロに所属しながら個人事務所を持つほどの、莫大な収入があるタレント。まだまだ若手の小嶋には、いくらなんでも不相応でしょう」(同)

 実際の懐事情や事務所の思惑はどうあれ、握手会で発生した金銭が不相応すぎるセレブ生活の足しに使われていることは、やはりファン心理としてあまり気持ちのいいものではないのかもしれない。

電通という名のでっかいパパがいるからね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク