2014年春ドラマ初回視聴率

杏が“池井戸原作”効果で独走、尾野真千子が嵐・二宮下す! 春ドラマ初回視聴率ランク

hanasakimai.jpg
『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)公式サイトより

 2014年春の連続ドラマ(午後8~10時台)が、いよいよスタートした。今期は数多くの刑事ドラマが乱立しているが、初回視聴率をトップの座に着いたのは、3月まで放送されていたNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』に主演した杏の次作『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)だった。

 初回ベスト1位になった『花咲舞~』は、昨年大ヒットした『半沢直樹』(TBS系)の原作者・池井戸潤氏の小説をドラマ化した作品。杏演じる花咲舞が銀行に関する事件や不祥事を解決していくストーリーで、初回は17.2%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)の高視聴率を記録した。第2話では14.7%に下がってしまったが、15%前後の数字を維持できるだろうか?

 2位は、上野樹里にとって11年に放送されたNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』以来3年ぶりの主演作となる『アリスの棘』(TBS系)で、初回は14.2%だった。上野は、父を死に追いやった医者たちを次々と復讐していく、冷酷なダークヒーローを演じている。前期の今枠だった観月ありさ主演『夜のせんせい』は、初回の10.6%以降、5%にまで落ち込んだだけに、今期の挽回に期待がかかる。

 ベスト3位に入り込んだのは、14.1%を記録した唐沢寿明主演の『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)。『花咲舞~』同様に池井戸氏の小説をドラマ化したもので、制作陣は『半沢』のスタッフが再集結。注目度も高い作品だったが、『半沢』初回の19.4%には及ばなかった。

 一方、低視聴率によりワースト3位になってしまったのは、名取裕子と麻生祐未の初共演コンビが、巧妙な保険犯罪に立ち向かう“勧善懲悪・痛快エンターテイメント”ドラマ『マルホの女~保険犯罪調査員~』(テレビ東京系)。前クールの『三匹のおっさん』は、初回11.6%を獲るなど話題作になったが、『マルホの女』は初回8.4%で、ギリギリ最下位を免れた。

 そして、今期の初回ワースト視聴率は『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』(TBS系)と『ブラック・プレジデント』(フジテレビ系)が同着で、ともに8.3%の一ケタスタートだった。北村一輝主演の『ホワイト・ラボ』は前期の『隠蔽捜査』の初回8.2%こそ上回ったが、もともとこの枠は視聴率に恵まれていない。どれだけ下げ止まれるのだろうか?

 また、沢村一樹がブラック企業のワンマン社長を演じている『ブラック・プレジデント』も、8%台と振るわず。沢村主演作『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)は、昨夏の第2シリーズ最終回で21.7%と高視聴率を稼ぐヒット作となったが、フジでは昨秋に放送された『家族の裏事情』が7話で3.4%を記録し、大コケ。前回は財前直見とのW主演だったものの、同じ局での2回連続の低視聴率は避けたいところだろう。

 その他作品では、初回13.4%を獲った嵐・二宮和也主演『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)が第3話で9.4%と、一ケタに突入するなど波乱を招いている。最終回に向けてそれぞれの作品がどのような数字を辿るのか、引き続き注目したい。

【2014年春ドラマ(午後8~10時台、民放5局)初回視聴率一覧】

1位『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系・水曜午後10時) 17.2%
2位『アリスの棘』(TBS系・金曜午後10時) 14.2%
3位『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系・日曜午後9時) 14.1%
4位『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系・木曜午後10時) 14.0%
5位『極悪がんぼ』(フジテレビ系・月曜午後9時) 13.6%
6位『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系・土曜午後9時) 13.4%
7位『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』(TBS系・木曜午後9時) 13.3%
8位『ビター・ブラッド』(フジテレビ系・火曜午後9時) 12.2%
9位『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジテレビ系・水曜午後10時) 10.3%
10位『刑事110キロ』(テレビ朝日系・木曜午後7時58分) 9.7%
10位『BORDER~警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(テレビ朝日系・木曜午後9時) 9.7%
12位『なるようになるさ。』(TBS系・火曜午後10時) 9.4%
13位『TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部』(テレビ朝日系・水曜午後9時)9.1%
14位『マルホの女~保険犯罪調査員~』(テレビ東京系・金曜午後7時58分) 8.4%
15位『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』(TBS系・月曜午後8時) 8.3%
15位『ブラック・プレジデント』(フジテレビ系・火曜午後10時) 8.3%

杏の存在自体が説教くさくて疲れちゃう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

杏が“池井戸原作”効果で独走、尾野真千子が嵐・二宮下す! 春ドラマ初回視聴率ランクのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! ジャニーズ・嵐・杏・花咲舞が黙ってない・視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  2. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  3. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  4. 櫻井翔「顔パンパン」問題を高須が斬る
  5. 土屋太鳳、ぶりっ子暴露で炎上
  6. プウ美ねえさん流体重キープ術
  7. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  8. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  9. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇
  10. 消えたタレント料理人たちは今
  11. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  12. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  13. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  14. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  15. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  16. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  17. G・パルトローのサイトでセックス特集
  18. イソフラボン配合はまやかし?
  19. “クズすぎる男性タレント”暴露
  20. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  2. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  3. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  4. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  5. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!
  5. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!

海外ゴシップの人気記事

  1. G・パルトローのサイトでセックス特集
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. キム、パリの強盗被害を生々しく語る