嵐・二宮和也はどう“居場所”を作ったか 歌手・俳優としてのスタンスを読む

20140118-nino.jpg
現在、教師役でドラマの主演を務める二宮和也。

【リアルサウンドより】

 の二宮和也が3年半ぶりに主演を務める連続ドラマ『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』が評判だ。進学校に赴任した新人教師が部員5人で創部以来勝ったことのない弱小野球部監督に就任。部員たちの恋愛や友情、進学などの悩みを解決しながら、意外性に満ちたセオリーを駆使して甲子園を目指す姿を描くこのドラマ。これまで2回の放送を終えて平均視聴率は12.7%と、話題作の揃った春ドラマのなかでも上々の滑り出しをみせている。

 映画にバラエティにと獅子奮迅の活躍。そのマルチタレントっぷりをいかんなく発揮している二宮だが、自身のなかにはあくまで「本職はアイドル」という意識が強いという。その一方でアイドルだからとバカにされたくない、アイドルに対する偏見を変えていきたいという思いも強い。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク