[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「これは井深克彦」ジャニーズWEST・藤井流星の「性暴力報道」、ファンが別人説を拡散

ryusei.jpg
「えっと~、自分、井深すか? 藤井すか? 」

 4月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載されたジャニーズWEST・藤井流星の性的暴力・未成年飲酒&喫煙報道が、まだまだ波紋を広げている。ファンの間では「自業自得」という厳しい意見のほかに、記事に書かれていることについて「絶対そんなことしてない」と擁護するファンに分かれるなど、論争が続いている。

 藤井が所属するジャニーズWESTは、「文春」発売前日の23日に「ええじゃないか」でCDデビュー。オリコンデイリーランキングで見事に1位を獲得し、売り上げは初日から15万超えの好発進。発売2日目にも4万枚を売り上げるなど週間20万枚超えは確実視され、早くも「粉もん大使」に任命されるなど期待を背負っているが、藤井の報道によってグループにネガティブな印象が付いてしまったことは大きな痛手だろう。ファンの努力もあってCD売り上げは順調なジャニーズWESTだが、今回の報道は思わぬところにまで飛び火しているという。

「ネット上では『文春』に載っているタバコを片手にした藤井の姿について、『これは流星じゃない』と、主張する声が多く上がっていました。そんなところへ、『文春』の男は藤井ではなく、舞台を中心に活躍する若手俳優の井深克彦だという説がTwitterで拡散されたんです。確かに井深は藤井と顔つきがよく似ていますが……。井深のブログから『文春』の写真に近い角度の表情まで持ちだして検証する人も現れ、一部のファンが藤井の無実を証明するために躍起になっているようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 まさかの「別人説」浮上でネットが騒がしくなる中、井深のTwitterアカウントに「これって井深さんですよね」などと「文春」の写真を添付して“突撃”する者まで登場。井深のファンからは「とんだとばっちり」「似てるだけで勝手に決めるな」「これだからジャニオタは」と、怒りの声が噴出している。

「『流星がそんなことするはずがない』という“盲目的なファン”が発端となり、騒ぎを起こしたようですが、井深のファンが怒るのも無理はありません。応援するタレントの無実を信じたい気持ちはわからなくもないですが、無関係の俳優を巻き込んでまで記事を否定しようとするなんて異常です」(同)

 藤井と顔が似ているというだけで、一部のジャニーズWESTファンから“犯人”扱いされてしまった井深。奇しくも5月1日からは、元関西ジャニーズJr.の山崎薫太と、少年隊・植草克秀の息子で元Jr.の樋口裕太と一緒に舞台『覇権DO!! ~戦国高校天下布武~』に出演する。一方、藤井は本日26日から大阪松竹座で『ジャニーズWEST コンサート デビュー記念 なにわともあれ、ほんまにありがとう!』に登場予定。果たして藤井はファンを前にどんな表情を見せるのだろうか?

薫太と裕太と共演まで含めて、完成された流れ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー