噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第217回】

過熱する観月ありさの新恋人報道、おいしすぎるネタの布陣にマスコミが食い付くワケ

mizuki0422.jpg
「女性自身」5月6日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 小泉今日子が雑誌インタビューで、芸能界のキャスティングについての政治性に苦言を呈して話題になっている。小泉といえばもちろん芸能界のドン・周防率いるバーニング所属で、周防のお気に入りナンバー1とまでいわれた大物。その小泉が「悪しき風習も崩壊する予感」がするというのだか、どういうこと!? ついにバーニングに反旗を翻す? 独立? 周防さんに何か異変!? キョンキョンの今後の去就に注目だ。

第217回(4/18~22発売号より)

1位「V6森田剛 ラブラブ半同棲のお相手は超人気“セクシー女優”だった!」(「週刊女性」5月6日号)
2位「観月ありさ 恋人社長選んだ“婚前旅行”先は前妻上原さくらとの『思い出の地』」(「女性自身」5月6日号)
2-2位「観月ありさ 熱愛発覚でも上原さくら元夫年商150億円社長とゴールインできないワケ」(「週刊女性」5月6日号)
2-3位「観月ありさ “金満”新恋人に泥沼過去」(「女性セブン」5月1日号) 
3位「亀梨和也 “チームの絆”が実現された『別れの草野球試合』!」(「女性自身」5月6日号)

  先週に引き続き、「週女」が放ったジャニーズネタ。しかし少々残念だ。先週が少年隊の植草克秀の前妻DV、養育費減額騒動で、今回はV6の森田剛の熱愛。連続して主人公がショボイ。でも記事はいろーな示唆に富んでいた。

 遠い過去には上戸彩なんていう大物との熱愛もあった森田。2012年にはmisonoとのゴルフデートも報じられたが、今回のお相手は“セクシー女優”の美雪ありすだ。だが「週女」記事は、森田の熱愛発覚を報じたものではない。森田と美雪の交際はすでに「女性セブン」(4月24日号)で報じられたものだから。だが「セブン」の報道はワイド扱いで小さなもので、美雪の存在もなぜか匿名扱い。「北海道出身の元グラビアアイドルAさん」と紹介されていた。

 しかし今週の「週女」によれば、Aさんは元グラビアアイドルではなく、現役“セクシー女優”の美雪だったとその素性を明らかにしている。その筋では人気女優さんである。いうなれば「セブン」は彼女の素性をワザと隠した、と「週女」は言いたいらしい。なるほど。だがしかし、「週女」にも大きな欺瞞があった。セクシー女優――そう、セクシー女優とはイコールAV女優のことだ。時折、何か配慮することでもあるのか、AV女優をセクシー女優と言い換えて使うことがある。「週女」もそれに倣ったってわけか。いや違う。はっきり言ってAV女優への偏見があるから、わざわざ言い換えた。でもこれって逆にAV女優への差別じゃね? 

 その差別意識は2人を森田の自宅マンションで直撃した際にも見受けられる。「週女」はマンションから出て、犬の散歩をしたり、車で外出する2人を追う。そして帰宅したところを直撃する。すると森田は男気溢れる対応をした。先に美雪を部屋に戻し、1人で記者の元に戻った。そしてぶっきらぼうだが、質問に答えていく。

 彼女とは友人で同棲はしていない。結婚は「しないしない。アンタには関係ないから」などなど。そして「週女」記者はさらに畳み掛ける。「彼女との関係を公にしないのは彼女の職業が理由なのか」と。森田はどうやら強い口調で言い返したようだ。「職業は関係ない!  みんないっしょ」。記者もそこまで言うなら、セクシー女優なんて“自粛”しないで、きちんとAV女優と書くべきだろう。もし差別意識がないというのら、なおさらだ。そして剛くん、偉い!

 そして「オレはいいけど彼女は大変なんです。女の人だし、特殊な仕事じゃないですか」と。見直した、森田剛。だが一方で、「セブン」「週女」と続く森田熱愛報道に「女性側のリークの存在」「売名行為」なる批判も一部にあるのは確か。でも、そんな誹謗中傷など跳ね除け、うまくいってほしいと思えてしまう、森田の“男気”熱愛であった。 

これくらいきな臭いとおもしろいね!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

過熱する観月ありさの新恋人報道、おいしすぎるネタの布陣にマスコミが食い付くワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! V6亀梨和也女性週刊誌ぶった斬り!森田剛観月ありさのニュースならサイゾーウーマンへ!