[ジャニーズ・メディアの裏側]

田中聖、あやまんJAPAN所属事務所と提携!? 脱・ジャニーズ圧力で活動再開か

kouki0401.jpg
もしかして六本木人脈でつながった?

 昨年9月にジャニーズ事務所を解雇され、行く末が注目されていた元KAT‐TUNの田中聖だが、すでに個人事務所で復帰の調整を行っていることがわかった。とはいえ「元ジャニーズ」という足枷を課せられている田中だけに、現在は業務提携先を見つけてバックアップを得られるよう画策中のようだ。

「ジャニーズを離れた後は、ジャニーズ内部の暴露本出版などもうわさされていましたが、現状はTwitterアカウントを開設してファンと会話したり、知人のバースデーパーティに参加したりと、脳天気な情報しかでてきません。また先日は、出演映画『サンブンノイチ』のプロモーションで沖縄国際映画祭に姿を見せましたが、この映画はまだ田中がジャニーズに在籍していた際に撮影されたものという、“ジャニーズ管轄”の仕事だったんです。それゆえに、ジャニーズの御用達媒体は『田中の存在を極力報道しまい』と、各社とも自主規制に励んでいました」(芸能ライター)

 下半身写真が流出したり、バーを経営したりと、素行不良が問題視されたためジャニーズから解雇されている田中。またその際には、口止め料として2,000万円ほどの退職金を受け取ったそうで(既報)、こうしたしがらみもあって、すぐに芸能活動を再開することは難しいとみられていたが……

「実際には、田中は昨年の時点で個人事務所を立ち上げていたようなんです。すでにマネジャーも付いており、水面下で関係各所へ折衝にあたっていますよ。やはり田中の目標は、再び音楽活動を行うことで、音楽関係のツテを色々と探っているようです」(レコード会社関係者)

 一時期はジャニーズの圧力から逃れるため、吉本興業に所属するというウワサも流れたこともあった。

「田中の業務提携先の第一候補は、ズバリあやまんJAPANの所属事務所ですよ。同社は、NMB48劇場の運営や沖縄国際映画祭のプロデュースなど、吉本との関わりが非常に深い。またあやまんも、吉本の関連会社からCDをリリースしていますからね。流れによっては個人事務所は捨てて、この事務所に所属という形になる可能性もあります」(同)

 あやまんJAPANとKAT‐TUN田中……なんとも異様な組み合わせだが、ジャニーズ解雇という“血に塗られた”肩書を背負う田中だけに、なかなか事務所の選り好みもできないといったところか。芸能界では「事務所移籍後は1年ほど休業する」ことが慣例となっているが、早ければ10月には新事務所で、「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」と踊る田中の姿が見られるかもしれない!?

姐さん方、どうぞよろしくお願いします

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク