女優業進出のため?

病んでる? ビッチからエレガントにイメチェンしたニッキー・ミナージュに笑顔ナシ

NickiMinaj04.jpg
巨尻だからニッキーとわかるものの、もはやシャーマン……

 豊満な胸を強調するファッションとド派手なメイクで世の男性を刺激してきたニッキー・ミナージュが、13日に開催された音楽祭にシックな黒のロングドレスに薄めのメイクで出席。ネット上では「元気がないように見える」「不機嫌そうに見える」「病んでる?」と心配する声が上がっている。

 ニッキーは、「アタシの二番煎じ」と言うリル・キムと対立したり、国民的オーディション番組『アメリカン・アイドル』の審査員仲間だったマライア・キャリーのワガママに我慢できずにカメラの前でケンカを売ったり、キャットファイト好きなイメージが強いが、デビュー当時から女性の味方であることを強調し続けている。露出度の高い衣装を着て、爆乳を揺らし巨尻をトゥワークリング(ケツ振りダンス)していても媚びる顔をせずに変顔をするのは、「アタシはセックスシンボルじゃないから」「好きな格好をして好きなことをしているだけ。セックスを売りにしているわけじゃない」という信念からだと主張している。

 『アメリカン・アイドル』の審査員を務め始めてから、「自分が好きなことをしていいんだよ」というメッセージをより一層強く発信するようになった彼女に勇気づけられた個性的な少女たちは、とても多いと伝えられている。しかし、そんなニッキーが最近急激にトーンダウンし、ネクラな雰囲気を漂わせるようになっている。

 13日にロサンゼルスで行われた『MTVムービーアワード2014』には、ハイライトが少し入った長いストレートの黒髪に、薄めのナチュラルメイク、アレキサンダー・マックイーンのシンプルでシックな黒のロングドレスで登場。ゴールドのネックレスにゴールドのイヤリング、腕と手首にも金のブレスレットをはめ、指にはジョン・ハーディのゴージャスな指輪で、「ポイントを押さえた見事なファッションセンスだ」とメディアには大絶賛された。ドレスは体にフィットしているので巨乳と巨尻を隠すことはできないが、お尻の割れ目が見えることはなく、非常にエレガント。これまで「下品でみっともない」とニッキーを批判してきたファッション評論家たちは手のひらを返して、彼女のことを「ベストドレッサー」としてたたえた。

 ポロリするんじゃないかというような衣装にブロンドのウィッグをつけ、ド派手なメイクでじゃらじゃらとしたジュエリーをつけていた以前とは別人のようなニッキー。変わったのは外見だけでなく、レッドカーペットの写真撮影では変顔はもちろんのこと、笑顔も見せずにため息をつきながらぼーっとした表情を見せており、元気がない。どことなく不機嫌なようにも見え、怖い印象すら受ける。

 実は彼女は、25日に全米で一般公開されるキャメロン・ディアス主演の新作映画『The Other Woman』で念願の女優デビューを果たしたばかり。主人公が勤める弁護士事務所で働く、有能だが私生活はハチャメチャな秘書を演じており、脇役だがストーリーに欠かせないスパイス的な存在を見事に演じたと評判は上々だ。

 高校では演劇を学び、もともとは女優志願だったニッキー。音楽から映画へ活動の場をシフトさせるために、大幅なイメージチェンジへと踏み切ったのかもしれない。3カ月前には、指をしゃぶったり、服の上から自分の乳をわしづかみしたりとビッチな写真を掲載していた写真共有アプリ「インスタグラム」にも、今やアップされるのは、シックでおとなしい写真ばかり。笑顔も少なく彼女らしくない暗い雰囲気が漂っているが、これくらい思い切った変化が必要だと考えたのかもしれない。

 長年ボーイフレンドといわれる、ビジネスパートナーのサファリ・サミュエルズと同じ指輪を左手薬指にはめていることから、婚約を飛び越え、極秘結婚したのではないかというウワサも流れている。イメージは激変したが、10代のファンに向かって「自分を安売りするんじゃないわよ。簡単にセックスするオンナになったら、人生がめちゃくちゃになる」とアドバイスするなど、ポジティブな姿勢は変わっていないことから、今回のイメチェンは映画のために一時的にしているものだと捉える意見も少なくない。ド派手メイクと露出度の高い衣装で、巨尻を突き出し、変顔を決めるニッキーは戻ってくるのだろうか。ファンの心配は、しばらく続きそうだ。

志茂田景樹を継ぐのはニッキーだと思ってたのに!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー