[ジャニーズ最新言行録]

「自分はできるかな?」SMAP・中居正広、TOKIO・国分太一のMCぶりに自信喪失!? 

nakaikunmain.jpg
朝の帯番組やってたら酒飲めないべ?

 『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』(フジテレビ系、3月31日放送)で、爆笑問題やダウンタウン、とんねるずなど大御所芸人をまとめたことで「仕切り力」が再評価されているSMAP・中居正広。4月12日放送のラジオ番組『中居正広のSome girl’SMAP』(ニッポン放送)では、ジャニーズの新旧司会者について語る一幕があった。

 この日の放送では、リスナーから寄せられた『いいとも!』終了に関するお便りを読み上げ、打ち上げの話に触れた中居。「いろいろ話したいことはありますが……」と前置きしながらも、「全然関係ないんですけど、『いいとも!』の終わりもそうだったんですが、『はなまるマーケット』(TBS系)の最終回を見てまして」と、切り出した。『はなまる』の司会を務めた薬丸裕英といえば、かつてジャニーズ事務所でシブがき隊として活躍していた大先輩。中居にとっては17年半も帯番組を続けた薬丸は、司会者としても偉大な存在なようで……

「(『はなまる』の)最終回は“生で見よう”と思って。ちゃんと自分で早く起きて見ましたね。スゲー素晴らしくて、薬丸さんの言葉もそうですし、最後、岡江(久美子)さんももちろんそうですけど、『わ~すごい先輩だな~』って。やっぱり、ウチの会社、ジャニーズ辞めた先輩の人の活動って、僕は気になってたりするんですよね」

と、ジャニーズ退所組に対する意外な発言も飛び出した。薬丸に対しては「この人スゲーな」と尊敬の眼差しで見ていたそうだが、中居はその後に始まったTOKIO・国分太一がMCの生活情報番組『いっぷく!』の初回も“気になって”チェックしていたという。

「それはビデオに録って見たんですけど。やっぱり、イノッチ(V6・井ノ原快彦)の一発目もビデオに録って見たかな。『はなまる』じゃなくて『あさイチ』か。いやぁでも『太一スゴイな~』と思いながら。(中略)毎日これ大変だろうな~って。あんまり、ああいうの見たことないけど、やっぱりすごく上手だったので、『すげぇ~上手だなー』と思ってね(笑)(中略)後輩と言っても、なんかもうそんな感じで全然見てないですし。(いっぷく)見てたら、ソツなく上手にやられてたので。何とも言えない。なんだろね?」

と、後輩の活躍を目の当たりにし、率直な気持ちを吐露する中居。同番組を見ている時は、『いいとも!』終了で“燃え尽き症候群”のようなフワフワした精神状態で、なおかつお酒を飲んでいたため、妙にシンミリしたようだ。

「ボーっとしてて、お酒も飲んでたので、だからって言うワケじゃないですけども、今、自分が『これをやれ』って言われたら俺、こんな感じでできるのかな? と思いながら。『ヤックン(薬丸)から太一へ』っていう、このバトンタッチはなんとも縁を感じるな~と思いながら」

 ジャニーズ内だけでなく、芸能界でも司会者として確固たる地位を築いている中居にしては少々弱気な発言にも聞こえるが、朝の帯番組を担当している国分や井ノ原には、中居も思わず素直に「スゴイ」という印象を受けたのだろう。『いいとも!』では約20年もタモリのそばで司会のスキルを学んできた中居。今後も中居らしい仕切りで、お茶の間を沸かせてほしいものだ。

まだまだ燃え尽きるには早いよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク