あの美人女優も?

SKE48・松井珠理奈、鈴木保奈美……「脇汗」ばっちりで視聴者の目が点!

jyurina_waki.jpg
Naverより

 9日からスタートした、SMAP・香取慎吾主演ドラマ『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジテレビ系)の番宣として、同ドラマ出演女優である、西内まりや、倉科カナ、安藤玉恵、鈴木保奈美が『SMAP×SMAP』の人気コーナー「BISTRO SMAP」に出演した。「4世代にわたる豪華女優陣」と紹介され、いつになく華やかな雰囲気の放送だったが、視聴者の目線はなぜか鈴木の“脇”に集中してしまったという。

「この日、鈴木はピンク色のノースリーブのトップスを着ていたのですが、よく見ると脇汗のシミがばっちり。ネットユーザーからも『年を取ると脇汗が出がちなの?』『脇汗がすごすぎてビビる!』といった声が出ていました。ベテラン美人女優なのに、脇汗というギャップに、驚く人は多かったのではないでしょうか」(芸能ライター)

 同じく、12日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)に出演した、SKE48/AKB48の松井珠理奈が、脇汗でネット上を騒然とさせた。番組内の企画で、全身タイツを着て江頭2:50のコスプレを披露したが、こちらもばっちりと脇汗のシミが映ってしまったのだ。

「肌色のタイツだったので、脇汗が目立ちやすかったのかもしれませんね。ネット上では『アイドルなのに……』という否定的なコメントも見受けられましたが、体を張ったコントゆえの脇汗だったので、『女の子なのにかわいそう』と同情の声も出ていました。ともあれ、視聴者は少なからずショックを受けたかもしれませんね」(同)

 女性タレントの脇汗が世間に衝撃を与えた事例といえば、NHKの有働由美子アナが有名だろう。有働は、『あさイチ』の視聴者からの「脇汗はテレビ人して見苦しい」といった苦情FAXを自ら読み上げ、「汗をかくのは健康に良い」と反論をしたことで、一躍話題になった。

「ほかにも、夏目三久、山岸舞彩、檀れい、水野美紀、栗山千明などの女性タレントの脇汗画像がネット上に出回っています。エチケット不足のイメージもつきますし、見てはいけないものを見ているような気になるのが、ネット上で脇汗のトピックが話題になる所以でしょうね。最近は、地デジによって脇汗もより鮮明にわかるようになってしまった。美人で売っているタレントは、肌だけでなく、脇にも注意を払わないといけない時代になったということでしょう」(同)

 華やかな世界に身を置く芸能人だが、ネット上で不名誉なうわさを立てられないようにするのは、なかなか楽ではないみたいだ。

大問題なのは、「臭そう」イメージがつくことなの!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!