「票集め」説も浮上

AKB48・柏木由紀、卒業間近!? ブログでの“意味深”発言にファン動揺

yukirinnn.jpg
地味そうに見えて、一番したたか?(撮影:岡崎隆生)

 6月に行われる「第6回AKB48選抜総選挙」への立候補をブログで表明した、AKB48の柏木由紀。その投稿内容に、卒業を示唆するような“意味深”な言葉が含まれていると、ネットで話題になっている。古参メンバーの卒業が相次ぐAKB48だが、またしても人気有名メンバーがグループ離脱となってしまうのだろうか?

 話題になっているのは、10日に柏木がブログに書き込んだ「もう少しだけ。応援していただけたら嬉しいです」という一文。久々の投稿であること、また立候補したことの発表が遅れたことを謝罪しながら、「ソロでしかできないこともあるけど、AKBグループでしかできない楽しいこともたくさんあります!」「見たことのない景色を見られるまで。がんばります(^^)」と続けている。

「この発言に、ネット上では『今回で最後?』『センターをやってみたいってだけじゃ』『時期はわからないけど、卒業は見据えているのだろう』と、さまざまな憶測を呼んでいます」(芸能ライター)

 柏木は2013年からソロ活動を開始し、AKB48メンバーでは史上初の個人レーベルを設立、CDリリースにコンサートと精力的に活動している。

「昨年11月には、柏木は卒業生を含めたAKB48メンバーの中で、初の横浜アリーナでの単独公演を行っています。AKB48としては大規模集客の公演は何度も行っていますが、ソロで1万人キャパの横アリ公演を成功させた柏木だけ。不動のセンターといわれた前田敦子は、卒業後のソロコンサートで、2,600人規模のZepp Tokyoを埋められなかったと話題になり、渡辺麻友や板野友美など、有名メンバーのソロコンサートにしても会場のキャパシティは2,000人台です。AKB48卒業後のメンバーは軒並み行き詰まっているといわれていますが、柏木は卒業後も安定した人気を保てるかもしれませんね」(同)

 今回の“意味深”投稿には、「実は『最後最後詐欺』かも」という「卒業を匂わせて票を稼ぐ作戦」を疑う人も。発表がないうちは予断できない状況だが、柏木の今後の発言とともに、まずは6月7日の総選挙開票を待ちたい。

もし票数がギャランティになるんなら何でもやるよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク