[女性誌速攻レビュー]「リンネル」5月号

訪問先でトイレは借りずに帰るべし! 「リンネル」はマナーまでゆるふわ

rineru1405.jpg
「リンネル」2014年5月号(宝島社)

 「ふわっとやさしい暮らし&おしゃれマガジン!」がキャッチフレーズの「リンネル」5月号(宝島社)は、いつもにも増して内容が薄く感じられました。248ページもの厚みがあって、内容を薄く感じさせてしまうなんて、「リンネル」の“ふわっと感”はさすがですね。付録としてバッグが付いてこの価格(本体686円+税)ですから、価格の割には充実していると言ってもいいかもしれません。結局、そうやってほとんどの読者が、「バッグ付きでこの値段だから仕方ない」と自分を納得させているんでしょうね。

<トピック>
◎肌寒い春から初夏まで 季節に寄り添う着まわしおしゃれ
◎これさえあれば着まわし力UP! 実力派おしゃれセットアップ
◎あらためて知りたい 大人のマナーBOOK

■既視感がぬぐえないファッションページ

 なぜ内容が薄く感じられるのか、理由を考えてみますと、今月号はタイアップ記事が多い上、前半の編集ページは似た企画のW盛りだからなんです。前半の目次を抜き出すと次のようになっています。

【肌寒い春から初夏まで 季節に寄り添う着まわしおしゃれ】
PART.1 マニッシュ&フェミニン 気温別 春→初夏の着まわし計画
PART.2 今すぐ→初夏まで大活躍! ほしい春の服
PART.3 肌寒い春→初夏 おしゃれさんの上手な着まわし
【これさえあれば着まわし力UP! 実力派おしゃれセットアップ】

 このタイトルでよく企画会議が通ったな、と思わずにいられない、「着まわし」「春」「初夏」「おしゃれ」の順列組み合わせ。やっつけ仕事感が、ゆるふわと伝わってくるのですが、大丈夫でしょうか。さらに! モデルの菊池亜希子が何度も何度も登場してきて、誌上デジャヴを起こしていることも、薄く見える原因の1つとなっています。下記、菊池亜希子が登場するページです。

・表紙
・連載エッセイ「菊池亜希子のまたたび」
・COVER LADY「菊池亜希子の毎日、ワンピース」
・春を感じる服で出かけよう(タイアップ)
・海を感じるレトロスタイル(タイアップ)
・gentenと迎える春の日(タイアップ)
・HAPPY HAPPY ANNIVERSARY!(タイアップ)
・菊池亜希子さんのNEW STYLE 心地よい春のよそおい(タイアップ)

 専属モデルというわけではないし、「リンネル」を象徴するあこがれの存在として、私服や私生活も含めてガンガン推しまくってるというわけでもありません。ただ単に「ほかにモデルをブッキングできなかったのかな」と思わせてしまう(もちろん実際はそんなことないはずですが)、存在の耐えられないふわっと感。しかし、この菊池亜希子、インタビューでなかなかシャレオツなことを言っています。

「手を洗わせてください」と言いつつ、トイレ行くのが正解!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー