[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐15周年よりTOKIOを祝福する嵐メンバー、「今度はお兄さんたちに」へ込めた感謝

mabo-kawaii01.jpg
コンサートだと松兄のこんな笑顔が見れるのよ!

 4月8日付のスポーツ報知の分冊「L Lady Life Love」に掲載された、二宮和也の「嵐の15周年」に関する発言が、ファンの反響を呼んでいる。今年の11月には記念すべきCDデビュー15周年を迎える彼らだが、これまで本人たちはテレビ・ラジオや雑誌等で、15周年をあまり重要視していない考えを示してきた。同紙ではその理由について、意外な胸の内を明かしている。

 2月のラジオでも、15周年は周りから祝ってもらえるのならば「ありがとうございます」と、素直に受け止めることはできるが、自分たち発信でなにかイベントをやることは「あんまりないんじゃないのかなぁ?」とドライなコメントを残していた二宮(既報)。しかし、同紙のインタビューで語ったところによると、その発言の裏には9月にデビュー20周年を迎える事務所の大先輩・TOKIOに対する“感謝の思い”が隠されていたようだ。

「僕ら、10周年の時にすごい盛大なツアーやイベントをやってもらったんですけど、そのときお兄さんたちは15周年だった。でも『せっかく10周年だから盛大にやりなさい』ってお兄さんたちが機会をくれて、自分らができなかった仕事とかをお兄さん達の力でやらせてもらえた」(原文ママ)

と、5年前の10周年を振り返った二宮。「お兄さんたち」と呼ぶように、嵐とTOKIOは兄弟分のような距離感を築いている。二宮は今年こそTOKIOに花を持たせたいと考えているようで、「今度はお兄さんたちにバーンってやってもらいたいな」と、告白。ファンからは、互いに思いやる嵐とTOKIOの関係性が「素敵」と、称賛の声が多く上がっている。

「そんなTOKIOは、今夏にはファン投票によるベストアルバムの発売を予定しているほか、ジャニーズ事務所からは初めて『SUMMER SONIC 2014』への参戦が決定、8月1日からは全国ツアー『TOKIO 20th Anniversary Live Tour HEART』がスタートします。11月の日本武道館公演には、“お兄さん”と慕う嵐をはじめ、ジュリー派が勢揃いする可能性もありますね」(ジャニーズに詳しい記者)

現在、TOKIOからは以前ファンクラブに入会していた人に向けて、「最初で最後の20周年ライブをぜひ!!」といったメンバーの直筆メッセージ付きのハガキが届いている。デビューしたジャニーズがコンサート誘致のハガキを出すことは異例だが、昔のファンも大事にしたいというTOKIOならではの温かさだろう。

 レギュラー出演する『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、関東地区で平均20%近い視聴率を獲得するなど、老若男女問わず安定した人気を得ているTOKIO。可愛い弟分・嵐が望むように、TOKIOの20周年が大盛り上がりとなることを願いたい。

元オリキのみなさんも同窓会気分でぜひ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク