チケット転売者の処分公開 「ももクロ式」不正対策は業界のスタンダードになるか

momoclo1017waku.jpg

【日刊サイゾーより】

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZの運営が、不正にコンサートチケットを入手したファンに対し、処分を行ったことを公式サイト上で報告した。

 ももクロといえば、その人気からチケットが取りづらいことでも知られており、定価の十倍以上の値段で取り引きされることも珍しくない。そのため、転売目的の購入者が後を絶たず、運営を悩ませていたとか。

 そこで、先月15・16日に開催された国立競技場でのコンサートでは、段階的な転売対策を実施した。客は、事前にコンビニで発券した「引換券」を会場に持参。入場直前にチケットと引き換えるため、当日まで席が分からないという。また引き換えの際、公的身分証明書が必要となり、本人と見なされない場合は、いかなる理由においても入場を断られるという策を取った。

 それでも、「Yahoo!オークション」などには、大量にチケットが出品され、中には他人になりすまして入場する「身分証付きチケット」という危ない商品も目立った。

 そしてコンサート後の先月31日、ももクロの公式サイト上に、“見せしめ”とも取れる報告が掲示された。以下、一部……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク