ジャニーズ“朝の顔”対決

『あさイチ』、ダブルスコア超えで圧勝! 『いっぷく!』初回3.7%で民放4位

ippuku01.jpg
『いっぷく!』公式サイトより

 TOKIO・国分太一がMCを務め、3月31日にスタートした朝の情報番組『いっぷく!』(TBS系)。17年半続いた『はなまるマーケット』の後番組として始まり、V6・井ノ原快彦が司会の『あさイチ』(NHK)との直接対決も話題になっていたが、初回視聴率は3.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、大惨敗してしまった。

 初回放送では、国分の後輩であるNEWS・増田貴久が出演したほか、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で、国分と長年共演しているナインティナイン・岡村隆史がトークコーナーに登場。強力布陣で迎えた初回だったが、同時間帯では『スッキリ!!』(日本テレビ系、8.1%)、『とくダネ!』(フジテレビ系、7.6%)、『情報満載ライブショー モーニングバード!』(テレビ朝日系、6.1%)に次ぐ民放4位という結果だった。

「31日はNHKで『選抜高校野球大会 準々決勝』が放送されていたため、『あさイチ』の放送はなく、4月1日が実質的な“裏かぶり”初回となりました。しかし『いっぷく』は2日目にして2.1%に落ち込み、一方の『あさイチ』は10.7%と二桁でした」(芸能ライター)

 グループは違うが、下積み時代から仲が良く、テレビでも『R30』(TBS系、2004~08年)や『タイノッチ』(同、08年~10年)で共演していた国分&井ノ原。“裏かぶり”初回視聴率では井ノ原の『あさイチ』に軍配が上がったが、放送当日はNHKアナウンサー・有働由美子の「いっぷくしている暇はありません」という言葉を受けて、井ノ原が片手を挙げて「太一くーん!」と、呼びかける一幕もあった。

「一方、翌日の放送では国分が『あさイチから頑張ってます!』『イノッチ~! 一緒に頑張ろうね』と、エール交換していました。裏番組の司会者とはいえ、ライバル関係というよりは“戦友”のような感覚なのか、放送開始前には一緒に飲みに出かけたそうです。3月27日放送のラジオ番組『レコメン!』にゲスト出演した国分が、パーソナリティを務める関ジャニ∞・村上信五らとのトークの中で『ここ最近で言うとイノッチと“サシ飲み”した。「朝、頑張ろうね」って。「始まる前に1回飲もう」って言って、2人で行ったよ』と、明かしていました。本人たちは『お互いに切磋琢磨して頑張っていこう』という気持ちなのでしょうね」(ジャニーズに詳しい記者)

 水曜日と木曜日は3.0%を記録しながらも、初週から出遅れてしまった『いっぷく!』。「『はなまる』は視聴率が2~3%台に低迷したことで終了に追い込まれましたから、スタートからいきなりこの低視聴率では、先が思いやられます」(前出・芸能ライター)という声もあるが、果たして『いっぷく』が強敵の『あさイチ』『スッキリ』『とくダネ!』を超える日は来るのだろうか?

あさイチ始まった時もいろいろ言われたもんよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク