今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

『バイキング』という名の泥船にみる、フジテレビの燃え尽き症候群

baikingg.jpg
『バイキング』(フジテレビ系)公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ならば本葬は……
 いい生前葬だったな。『笑っていいとも!』(フジテレビ系)最終回。大御所芸人も大集結。誰が誰に話しかけただの話しかけなかっただの、どんなリアクションをしただのしないだの、目を合わせただの合わせなかっただの。一秒一秒全てが伝説。これをきっかけに、今後お互いを活性剤として、スペシャル番組の目玉に招きあったりするんだろうな。転機は商機と。

 しかし、こんなエクスペンタブルズみたいな集合かけられるんですよウチの局は! と胸を張るフジテレビであるが。そのすぐ後によく平気で『バイキング』を始められたなぁ。『いいとも』最終回、あれはタモリではなく、フジテレビの生前葬ということだったのかもしれない。お疲れさんでした。

◎『バイキング』で面白かった瞬間
 その『バイキング』だが。いやーもう何から言えばいいのやら……。とりあえず、「今日は楽屋に小さいサンドイッチが置いてあったけど、今後はないって言われた」とこの番組の話を水曜レギュラーの美保純が『5時に夢中!』(TOKYO MX)でしていた。こういう話をよそで語られるということも込みで、漏れる全ての努力不足を「あえてやってるんです」って開き直るつもりなんだろうな。

 どんな泥船だろうと、顔見世興行に使いたい新顔タレント、「引き受けるけど責任押し付けんなよ」バリアをビンビンに出してるおなじみタレント、「頼まれたことはやりますよ、お仕事ですよってに」という芸人たち。これらレギュラー陣が三位一体となって、壮大なババ抜きしてるとこ見せられても。

 ま、対応の仕方としては、泥船でも器用に操縦できるところをアピールするフットボールアワーより、「ダメだこの番組」と思ったことを即口に出してたおぎやはぎが一番楽しめたが。あと、あの関口メンディーってのは、『5時に夢中!』の黒船特派員やった方が適材適所なんじゃないだろうか。

 そして予想外にこなれた感じでお目見えした、火曜日MC・TAKAHIRO。このノリとこの声、どっかで……と思い返してみたら、『ワンダフル』(TBS系)やってた時の東幹久にそっくりなのであった。今年はドーム公演もメインボーカルを1人でこなして、司会もやってと大変らしい。ま、もともとビジュアル担当はこっちだったしね。今年のツアーはATSUSHIの代わりに鼠先輩を入れてみちゃどうだろう。口パクで。遠くから見たら、きっとバレないと思う。

◎苗字が予期していた事態
 会見の場で、「サイフは夫婦別々です」とぶっちゃける一方で、「デートの時はおごってほしい。牛丼でもいいから」と語った黒木メイサ。「じゃあ夫・赤西仁と外食の時はどっちなんだ」とツッコミを入れたくなる、一見矛盾した発言のようだが。赤西を「パートナー」でなく既に「扶養家族」として捉えているのだと考えるとなんかこう合点が行く。思えば2人の苗字がもう将来を雄弁に物語っていたわけだな。黒字の黒木に赤字の赤西と。チャンチャン。いやチャンチャンじゃなくて。

 まあもともと赤西に「バリバリ働いて妻子を食わせる」なんてイメージは皆無だったわけだし。何の抵抗もせず結婚即ヒモという今の状況は、いっそ素志貫徹が清々しくもある。辻仁成がその座を追われつつある今、次世代のヒモ界を担うのは赤西、キミだ。キミこそスターだ!

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『バイキング』という名の泥船にみる、フジテレビの燃え尽き症候群のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! バイキング笑っていいとも!赤西仁週刊ヒトコト斬り黒木メイサのニュースならサイゾーウーマンへ!