サイゾーウーマン勝手に調査団

業界人がこっそり明かす、カメラが止まると“キャラクター激変”の芸能人たち

maedaatsuko.jpg
涙だけではトップは取れません

 カメラの前では、いつもにこやかにしている芸能人たち。しかし、それ以外の時も、常に“にこやか”とはいかないものだ。カメラが回っていないところで、キャラクターが“激変”する芸能人もいるという。上司の前ではヘコヘコなのに、部下の前では威張り散らす――日常生活でも嫌われること請け合いだが、そういった知られざる一面を持つ芸能人を業界人に聞いた。

 若手女優界から真っ先に名前が挙がったのが、あの日本が誇る“ゴリ押し”女優だ。

「武井咲ですね。ほかの事務所のタレントやスタッフがいる時はおとなしいのですが、自分1人の現場となるとやりたい放題。ある写真撮影の時は、すぐそこにスポンサーがいるのに『は? そんなポーズできないし』と吐き捨てていたそうです。しかも腹立たしいのが、武井のマネジャーはこうした言動をまったく注意しないこと。何も知らない子どもを野放しにしているようなものです」(広告代理店関係者)

 武井所属の大手プロ・オスカープロモーションでは、一部タレントは同プロ社長の“お気に入り”とされており、優先的に仕事が回るなど、優遇されているという。剛力彩芽と共に現在“お気に入り”枠の筆頭である武井だが、これもまた勘違いを助長させているのかもしれない。

 また若手女性タレントでは、元AKB48・絶対的エースの前田敦子についてもこんな証言が。

「ソロ転向後は歌手に女優にと大忙しの前田ですが、AKB48時代から言われていたのが、『言葉遣いの悪さ』です。これも当然カメラや記者の前では出さない一面ですが、楽屋でおしゃべりするメンバーを『うるせーブス!』と怒鳴りつけたり、差し入れのケーキに喜ぶメンバーに『そんなもん食ってるからデブになんだよ』と言いたい放題。前田の機嫌次第で、現場の空気が非常に悪くなっていたとか」(週刊誌記者デスク)

 若くして国民的グループの頂点に立つことは相当なプレッシャーとの戦いだと言われたものだが、そのストレス発散がメンバーに対する暴言につながっていたのかもしれない。

 そして最後は男性芸能人について。さわやかイメージがウリのあのイケメン俳優だ。

「関係者の間では有名ですが、向井理は非常に扱いにくいようです。先日はとある媒体が、事務所からの依頼で向井のインタビューを行ったのですが、どうやら向井本人は乗り気でなかったようで、何を聞いても適当な相づちばかりだった。それでも記者はなんとか質問を続けていたのですが、向井は突然『はい終わり!』と言い放ち、席を立ってしまったそうです。突然の“ボイコット”に、事務所関係者は平謝りだったそうですよ」(芸能ライター)

 テレビや写真に映らなければ、彼らのこうした一面が公にされることはない。しかし「壁に耳あり」とはよく言ったもので、関係者の間での悪評は知らぬところで広まってしまうもの。イメージ商売の彼らだけに、オフシーンだからと脇を甘くしてしまうのはいかがなものだろうか。

悪口は得意でした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク