そして4月1日からまた低視聴率……

タモリ出演『スマスマ』『おかげでした』14%超え! 『いいとも』祭りに沸くフジテレビ

tamori02.jpg
『タモリ2』/Sony Music Direct

 32年間続いた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が、ついに3月31日に最終回を迎える。同21日には、安倍晋三首相がテレフォンショッキングのゲストに登場するなど、ラストへ向けて大物が続々と出演している『いいとも』。番組終了は視聴率低迷が一因といわれているが、豪華ゲスト連発のラストスパートで視聴率は変化したのだろうか? 27日までのデータをもとに検証する。

 今年に入ってからは、とんねるずやナインティナインがタモリに直談判をして不定期レギュラーを獲得するなど“お祭りムード”が満載の同番組。12日には、13年間出入り禁止だった江頭2:50が乱入してスタジオを盛り上げ、毎日のようにサプライズな演出が行われていた。

 平日は視聴率5~6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を推移している『いいとも』だが、安倍首相が登場した21日の視聴率は、祝日ということもあり平均14.8%を記録。瞬間最高は、安倍首相がタモリとともにイチゴを食した直後で、19.2%の高視聴率を獲得したことが大きな話題となった。その前日には、海外を拠点に活動を続ける小沢健二が16年ぶりのテレビ出演を果たしており、視聴率は7.7%を稼いでいた。

「SMAP・木村拓哉がテレフォンゲストだった24日は、週初めから8.9%と好調なスタートを切り、以降もDREAMS COME TRUEが登場した25日は9.2%、福山雅治(26日、9.2%)、小泉今日子(27日、9.6%)も9%台と同時間帯トップでした。31日に放送を控えている月曜日以外の火~金曜日は最終回でしたから、通常の祝日並みの高視聴率となったのでしょう」(芸能ライター)

 昨年10月の番組終了発表後はさほど数字に変化はなかったが、最終回を間近にして視聴者の関心も高まっているようだ。

「23日放送の『笑っていいとも! 増刊号』も9.4%で、裏の『サンデー・ジャポン』(TBS系)、『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)を抑え、1位でした。好調なのは『いいとも』だけではありません。タモリが出演した24日の『SMAP×SMAP』は14.2%、中居正広をはじめとした火曜レギュラーとタモリが『新・食わず嫌い王決定戦』で対決した『とんねるずのみなさんのおかげでした超豪華! 春の特大2時間半スペシャル』(27日放送)も17.9%をマーク。『いいとも』終了に際して、タモリが出演したフジ系番組の数字が跳ね上がっていました」(同)

 31日は、正午から本放送を行い、午後8時から放送される『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』で、32年の歴史に幕を下ろす『いいとも』。最後まで高視聴率を維持し、有終の美を飾ることができるだろうか?

まるで生前葬のような盛り上がり……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク