今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

話術に自信アリの俳優・陣内孝則が踏んだ、『はなまるマーケット』の地雷

jinnaitakanori.jpg
『極道(やくざ)渡世の素敵な面々』/TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎さすがの薬丸も沈黙?
 お、秋元康、ヤセたなぁ、と思ったら陣内孝則だった。『はなまるマーケット』(TBS系)の『はなまるカフェ』に過去最多登場ゲストとして、ラストスパートをにぎにぎしく飾っていたわけだが。唐沢寿明なんかを目にしても思うが、「自分のトークは面白いと自負してやまない俳優」というのは、見ているこっちはモヤモヤするな。同じ系統を受け継ぎ順調にその芽を伸ばしている桐谷健太の行く末が心配。

 そんなことより陣内孝則。面白トークがビジネス爆笑でドカンドカンいってたんだが、その調子でふと「こんなに面白いのに、何でこの番組終わっちゃうんですかね」と口を滑らしたその瞬間、笑いが消え、場が凍りついた。あんなにヒヤッとした空気をテレビで見たのは久しぶりだ。陣内よ、これは「長い帯番組が終了」という構図は同じでも『笑っていいとも!』(フジテレビ系)とは理由がまったく違うのである。またタイミング悪いことに、彼がうれしそうに持って来た写真に、タモリが映ってるんだこれが。2つの「長い帯番組終了」の「理由」について、二重三重に比較考察してしまったじゃないか。ま、いくら考えても、答えは同じなんだが。

◎新垣さん特需アリ
 「うそをついた佐村河内くんがわるいとおもいます。でもわたしたちもそれをみぬけなくてわるかったとおもいます。ごめんなさい」って、あんな学級会レベルの検証番組流されてもなぁ。それよりNHKよ、せっかくだから『schola 坂本龍一 音楽の学校』で新垣さん特集をやってくれないか。「おまかせで」なんつうあの大雑把な指示書を元に、何をどうイメージし、誰のどんな音をどうあてはめて、次々と大曲を作ってきたのか。その検証はあの番組でしかできないし、彼の作曲家としての技術や、「佐村河内氏のオーダーはこうだったけど、本当はこう作りたかった」等々の、本音や矜持なども知りたい。ワークショップのコーナーでは、同じ指示書で、学生たちがどんな小節を考えるのか比較したら面白いと思う。要するにとにかく、新垣さんをもっと見たい。

◎今田耕司を邪魔するな!!
 「低俗だ」と議員先生に批判されたNHKのバラエティ番組。名指しされた中には『ケータイ大喜利』の番組名が。今田耕司が「土曜にあの生放送を終えた後だからこそ、日曜のこの番組の収録が楽しい」って、大阪の朝日放送制作の『今ちゃんの「実は…」』でしみじみ言ってたことがある。「NHK」で「生」の仕事というストレスがあるからこそ、「実は」収録での、若手のエネルギー接待に笑顔ハジける今田が見られるのである。メリとハリね。『ケータイ大喜利』自体も十分面白いが、『今ちゃんの「実は…」』を今田にエンジョイしてもらい、面白さをキープしてもらうためにも、『ケータイ大喜利』という番組はなくしてはならない。だから悪く言うのはやめて。万が一あれがなくなったりしたら、『実は…』での発破力が。接待の魅力が。兄さんの楽しみを奪わないで!

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク