ドーンと大股開き!

香里奈、ニャンニャン写真流出! バーニングの報道牽制とさらなる過激写真の存在

karinahp.jpg
香里奈オフィシャルサイトより

 スポーツ紙で報じられた台湾人男性・L氏との交際を、握手会イベントの場で宣言した香里奈だったが、その翌日にとんでもないスキャンダル写真が流出するという事態に見舞われてしまった。25日発売の「フライデー」(講談社)が、香里奈とL氏のベッド写真を掲載したのだ。

「同誌には、下着姿でL氏に寄り添って眠る、香里奈のあられもない姿が掲載されました。大股開きになった香里奈の右手は、自身の下半身に添えられており、またL氏の腕が香里奈の胸元に置かれているという衝撃的なもの。ゴシップ誌ならまだしも、『フライデー』ほど影響力がある週刊誌に、これほどの“ニャンニャン写真”が掲載されるのは今世紀初の事態でしょう」(芸能ライター)

 この事態に香里奈の所属事務所は“禁じ手”を発動することに。前出イベントの会見場に、“芸能界のドン”こと周防郁雄氏が代表を務めるバーニングプロダクションの“番頭”・K氏を召喚し、マスコミ各社が不適切な質問をしないよう見張っていたのだという。しかしネット上の反応を見ても、「香里奈終わるかも」「前田敦子のケツ出しを超えたwww」と、流出写真の影響力は計り知れず、もみ消しは不可能のようだ。

「また、『フライデー』の記事を読むと、直接的な文言はないものの、明らかに2人が『結婚前提のカップル』というより、『単なるセフレ』から恋人同士に発展したことを匂わせるもの。CMスポンサーを多数抱える香里奈だけに、本人や関係者からすれば何が何でも闇に葬りたい内容でしょう」(同)

 さらに関係者の間で注目されているのは、「フライデー」に掲載されたものを超える“衝撃写真”の存在だという。

「こういったとんでもない写真が掲載される場合、よく『奥の手』となるさらに過激な写真が存在します。つまり『一番ひどい写真は引っ込める』という条件で、プロダクション側に掲載を納得してもらうんです。過去に有名女性声優のスキャンダル写真が流出した際にも、出版元はさらに過激な写真を入手していたと言われています。今、一部ゴシップ誌の関係者は、香里奈のさらなる衝撃写真を『フライデー』から譲ってもらおうと、極秘裏に交渉を行っているようです」(ワイドショーデスク)

 こうして、おめでたい話題のはずだった香里奈の熱愛は、意外な成り行きを見せている。このままL氏とゴールインとなっても、ことあるごとに“ニャンニャン写真”がチラついてしまうだけに、頃合いを見ての破局がベストなのかもしれないが……。とにかく香里奈の今後の動向は、各メディアも固唾を呑んで見守ることになりそうだ。

ニャンニャン写真界のトップを強奪

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム