[ジャニーズツッコミ道場]

「ジャニーズなのに」トークを展開するA.B.C-Zに募る、「ジャニーズですから」を求める欲

totuka.jpg
ほら、こんな笑顔ができるのもジャニーズですから!

 「ジャニーズなのに」、「ジャニーズだけど」、「ジャニーズぽくない」、「ジャニーズらしからぬ」……。「ジャニーズだけど芸人顔負けのト-ク」とか、「ジャニーズなのにブサイク」。この「だけど・なのに」ウリ、面白いは面白いのだけれど、出るグループ出るグループこのノリだと、さすがにおなかいっぱいだ。

 3月17日放送の情報番組『PON!』(日本テレビ系)にゲスト出演した、A.B.C-Z。番組情報欄に、こうあった。<ジャニーズの雑草魂グループA.B.C-Z 生で語る“こんなところから這い上がった! 秘話”>――“雑草魂”とは、ド真ん中できたな。A.B.C-Zメンバ-も、「だけど・なのに」がウリになっているだけに、

「キスマイとかがやらない仕事を僕たちがやる」(河合郁人)
「歌番組より、本当にバラエティの仕事のほうが(多い)」(橋本良亮)

と、自虐ぎみに語る。Kis-My-Ft2も、たいがいバラエティで身体張ってたりするし、そもそも「舞祭組」とイジられたりするのだが……。A.B.C-Zからしたらキスマイは、「ジャニ-ズらしい」ポジションなのかと、ヘンなところに感心してしまった。番組MCのビビる大木は、そんな自虐ネタをかますA.B.C-Zメンバ-を、「開拓ですよ」と、上手にフォロー。

 トーク本編も、テーマはもちろん「だけど・なのに」。<僕たちジャニ-ズなのに○○なんです! A.B.C-Zの残念すぎる話>ということで、メンバ-それぞれが「なのに」エピソードを披露していく。橋本は、「ジャニーズなのに、とてもアホなんです! ステロイドをデストロイと言い間違えたりとか、九九を全部言えないとか」とのことで、その場で九九の七の段を言わされる。「なないちが、いち」としょっぱなで、アウト。気を取り直して、やり直しすると、「ななに、じゅうし」「ななさん、にじゅういち」……ていうか、そもそも「ななさん」とかいう言い方、聞いたことないなと思っていたら、途中で橋本本人も、「『ななご』って言ってる時点でアホですよね」と自覚。

 そのほかのメンバーの「ジャニーズなのに」ネタも、順に紹介していく。体力測定の結果から「ジャニーズなのに60代なんです」と言う河合。変装もせず渋谷を歩いても誰にも声をかけられず、「ジャニーズなのにオーラがないんです」と言う五関晃一。渋谷や原宿、六本木などで「疎外感」を感じ、「ジャニーズなのに、毎日ひとりぼっちなんです」と言う戸塚祥太。そして、「ジャニーズなのに、顔がクリス松村さんに似ているんです」と、塚田僚一で落とした。

「僕も年を重ねて、クリス松村さんの年齢になると、こういう顔になるのかなと思って、夜も眠れません」

と言って笑いをとっていたが、これを見たらクリスがちょっと傷ついちゃいそうだ。そして、なによりこの日の締めのトークで河合が発した、「違うことやってかないと、本当に(ジャニーズを)やってけないんですよね」という言葉が、切実なトーンに聞こえた。大木もそう察したのか、「どうしたんだ? そんなに」と、ちょっと驚いた感じになっていた。頑張れ、A.B.C-Z。

 確かに、テレビを見ている分には自虐ネタは笑えるし、親しみも感じやすいから、1つの正解なのかもしれない。ジャニ-ズも、お茶の間で人気が出てこそな部分もあるし、最近ではなかなかドラマでのブレイクも難しい。だから、ト-ク番組はお茶の間に爪痕を残すいい機会ではある。結果、そういった「だけどジャニーズ」ウリが一番効果的ともいえるだろう。

 でも、茶の間の需要からはちょっとズレてるけど、ひたすらキラキラでひたすらにオ-ラを放つ、若い女の子には圧倒的な人気のアイドル。そんな、「だけど・なのに」ではなく、「ジャニーズですから」というのも、ちょっと見たい。
(太田サトル)

キスマイがしない仕事……ど真ん中アイドルかな?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  6. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  7. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “消えたAKB48”河西智美は今
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ