嵐・櫻井翔が見据える“次のステージ” 役者・歌手としてどう進化してきたか

20140111-sakurai.jpg
嵐の中で、常に変化を厭わず進化し続ける櫻井翔。

【リアルサウンドより】

 ・櫻井翔と宮崎あおいの主演作で、2011年8月27日に全国321スクリーンで公開された大ヒット作『神様のカルテ』。初日2日間で興収3億285万3600円、動員23万9522人になり映画観客動員ランキングで初登場第1位を獲得した同作がおよそ2年半ぶりに帰ってきた。主演はもちろん、他のキャストやスタッフも前作とほとんど同じメンバーで制作された『神様のカルテ2』は、3月21日より 全国東宝系で上映が始まっている。

 『神様のカルテ』は現役の医者でもある夏川草介が第10回小学館文庫小説賞を受賞したデビュー作で、2009年8月に小学館から単行本が発売された。2010年9月には第2作となる『神様のカルテ2』、2012年8月には第3作『神様のカルテ3』が発売され、シリーズ累計で300万部を記録。中高生を中心に根強いファンを抱える人気作品である。物語は夏目漱石を敬愛し妻・ハル(宮崎あおい)を愛する栗原一止(櫻井翔)が常に生と死に直面しながらも最良の医療を模索する、個性豊かな人々が織りなすヒューマンドラマ。本作『神様のカルテ2』では現代医療が抱える問題を誠実に描きながら「仕事とは?」「家族とは?」「友情とは?」といった普遍的な問いにも真正面に向き合う内容に仕上がっている。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク